2019-06-06

相続放棄のメリットとデメリットとは?【簡単に解説】

この記事を読むのに必要な時間: およそ2分
相続放棄のメリットとデメリットとは?【簡単に解説】

この記事の目次

「そもそも相続を放棄するってどういうこと?」
「相続を放棄した場合に発生するデメリットはのだろう?」
このように、相続放棄について疑問に思ったことありませんか?
相続放棄することには様々なメリットがありますが、その反面、デメリットもいくつかあります。
今回の記事では相続放棄をすることで、どのようなデメリットを受けるのかということについて、詳しく解説していきたいと思います。
この記事を読めば、相続放棄の必要性についてデメリットを踏まえて考えられるようになりますよ!

そもそも相続放棄とはどのようなものなのか?

相続放棄とは、被相続人である故人が亡くなった際に、相続人が故人の財産を放棄して、相続しない意思表示をすることを言います。
故人の持っている不動産や、金融資産といった全ての財産の相続を放棄することになるので、 次の相続人に順位が変わっていくのです。

相続放棄にどのようなメリットがあるの?

財産を相続放棄することで発生する利点は何でしょうか?
相続する財産の中には、相続人にとって利益になる財産のみでなく、負債となる財産も含まれます。
そのため、あなたが相続人である場合、故人がマイナスの財産を抱えていると、それらも含めて相続することになってしまいます。
そのため、被相続人が亡くなってからは、その人に代わってあなたが夫妻となるの財産も引き継がなければならないのです。
このように相続する人が負債となるの財産を引き継ぐという負担を回避できるように、相続放棄という手段が使えるようになっています。
相続放棄できることで、たとえ亡くなった人が多額の借金を背負っていたり、相続人がその借金の連帯保証人であったとしても、相続放棄をすれば、これらの負債を引き継がなくても済むようになります。

相続放棄することのデメリットとは?

相続を受ける人にとって利益になる遺産がなければ、相続放棄しても良いと考えられそうですが、相続放棄することによって受けるデメリットもあります。
相続放棄することにより発生するデメリットは以下の3つです。 

1.財産を全て放棄したとみなされる
2.相続放棄してしまうとやり直しがきかない
3.相続順位が変わるのでトラブルに発展することある

ここからは相続放棄することによって発生するデメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

1.財産を全て放棄したとみなされる

相続放棄することによって発生する1つ目のデメリットは、財産を全て放棄したとみなされることです。
故人が親の場合に相続放棄すると、住んでいた実家を出ていかなければならないという場合もあるので、注意が必要です。

2.相続放棄してしまうとやり直しがきかない

相続放棄することによって発生する2つ目のデメリットは、相続放棄してしまうとやり直しがきかないことです。
相続放棄する前に把握していなかった資産や遺品があったとしても、それらの財産も含めて放棄したとみなされるので、間違えて相続放棄してしまったという場合もやり直すことができないのです。

また、相続放棄する前に財産を使用したりすると相続が認められなくなる場合もあるので、注意しましょう。

3. 相続順位が変わるのでトラブルに発展することある

相続放棄することによって発生する3つ目のデメリットは、相続順位が変わるのでトラブルに発展することあるということです。
相続放棄をすれば故人の抱えている財産の相続人がいなくなるわけではありません。
そのため、相続放棄して負債となるの財産の相続権が故人の親に移ったことを、親が把握していなかった場合、突然知らされた父母とトラブルになる可能性があるのです。
相続が移ってからでは、相続人は相続放棄できなくなるので、相続放棄する際は事前に相続関係にある人たちと十分話し合ってから相続放棄することが重要です。

相続放棄が必要かよく考えよう

これらのことから、負債となる財産があるからといって、むやみに相続放棄するのも良くない場合もあります。

相続放棄する際は、負債の程度や遺産に対する思い入れなど、総合的に検討してから決断するようにしましょう。

遺品の中には故人との思い出を鮮明に思い出すための、重要なアイテムがある場合もあります。

本当に相続放棄が適切な判断かどうか、自分や親戚と良く相談しましょう。

利益となる財産のみ相続する方法もある

相続放棄はすべての財産を引き継がないことになるのですが、負債となる財産は引き継がづに、利益となる財産が発生すれば引き継ぐ方法もあります。

相続を認知した時点から3か月以内に、相続人全員が認めていれば、全員で手続きすることで限定承認という形で利益のみを相続できます。

全ての相続人の了承が必要なので、1人でも認めない人がいると、この手続きは取れなくなってしまいます。

まとめ

今回の記事では、相続放棄がどのようなものであるかや、相続放棄することで発生するデメリットについて解説しました。
相続放棄により相続の権利が変わることで、親戚間でトラブルにならないように、事前によく話し合ってから相続放棄しましょう。

関連記事