2019-06-06

相続放棄の手続き方法とは?【簡単に解説】

この記事を読むのに必要な時間: およそ2分
相続放棄の手続き方法とは?【簡単に解説】

この記事の目次

「相続放棄したいけど具体的な手続き方法がわからない」
「相続放棄って時間や手間がかかって大変そうだけど大丈夫だろうか?」
このように、相続放棄の手続きについて疑問に思ったことありませんか?
相続放棄は適切な方法で手続きをすることで、故人の残した財産を確実に放棄できるようになります。 
ということは、正しい手続きを済ませなければ、相続放棄がうまくできない可能性もあるのです。 
今回の記事では相続放棄をする際の具体的な手続き方法や、注意点について解説していきたいと思います。 
この記事を読めば、相続放棄の手続き方法が理解できるようになり、正しい手順を踏んで相続放棄ができるようになりますよ!

そもそも相続放棄とはどのようなものなのか?

相続放棄とは、被相続人である故人が亡くなった際に、相続人が故人の財産を放棄して、相続しない意思表示をすることを言います。
故人の持っている不動産や、金融資産といった全ての財産の相続を放棄することになるので、 次の相続人に順位が変わっていくのです。
相続する財産の中には、相続人にとって利益になる財産のみでなく、負債となる財産も含まれるので、あなたが相続人である場合、故人がマイナスの財産を抱えていると、それらも含めて相続することになってしまいます。
このように相続する人が負債となるの財産を引き継ぐという負担を回避できるように、相続放棄という手段が使えるようになっています。
相続放棄できることで、たとえ亡くなった人が多額の借金を背負っていたり、相続人がその借金の連帯保証人であったとしても、相続放棄をすれば、これらの負債を引き継がなくても済むようになります。
しかし、相続放棄することで、財産を全て放棄したとみなされたり、相続放棄してしまうとやり直しがきかない、相続放棄によって相続順位が変わるので、トラブルに発展することあるといったデメリットもあるので、本当に相続放棄すべきかどうかをよく考えてから手続きを進めるようにしましょう。

相続放棄の具体的な手続き方法は?

相続放棄を申請するためには、以下のような手順を踏む必要があります。

1.必要書類を準備する
2.家庭裁判所で手続きを行う
3.家庭裁判所から照会書が郵送される

1.必要書類を準備する

まずは相続放棄に必要な書類を準備しましょう。
相続放棄に必要な書類は、相続放棄申述書、故人の戸籍謄本と住民票、相続放棄をする人の戸籍謄本と相続放棄申述書、そして収入印紙800円と郵便切手1,000円前後です。
書類によっては家庭裁判所や市役所や郵便局で手続きする必要のあるものもあるので、時間を見つけて書類を入手しておきましょう
ちなみに、相続放棄申述書は家庭裁判所のホームページからも入手できるので、家庭裁判所に足を運ぶのが手間になる人はダウンロードして使用しても良いです。

2.家庭裁判所で手続きを行う

次に、家庭裁判所に行って相続放棄の手続きを進めていくのですが、故人の最後の住所地の管轄となっている家庭裁判所で手続きをする必要があるということに注意が必要です。

3.家庭裁判所から照会書が郵送される

家庭裁判所で相続放棄申請をすると、後日自宅に照会書が送付されます。
照会書では、故人の死亡を認知した日や、相続放棄の意思は誰のものか、相続放棄をする理由、故人の遺産に手を付けていないかといった質問項目があるので、質問内容にそって解答していきます。 
故人の死亡を認知してから3ヶ月以上経過していたり、相続放棄を申請する前に故人の財産に手をつけていたりすると、相続放棄が成立しなくなるので注意しましょう
相続放棄申述書の提出から、3~4週間程度経過すると、家庭裁判所から相続放棄を受理したという旨の書類が郵送されます。
長い場合は4週間以上経過する場合もありますが、2ヶ月以内には届きます。
自宅に相続放棄受理証明書が送付されたことを確認すれば、相続放棄の手続きが完了したことになります。

相続放棄の書類の記載方法で迷ったら専門家に相談しよう

ここまで解説したように、相続放棄には必要な書類に必要事項を記入したり、照会書に適切に回答を記入する必要があります。
そして、回答内容によっては、相続放棄が受理されない場合もあるので、確実に相続放棄したい人にとっては、相続放棄が本当に受理されるかどうか不安になるでしょう。
そのような場合には、司法書士や行政書士といった、法的な書類について精通している専門家に相談することで、適切な書類を作成することができるようになります。
書類を書く時間や余裕がなかったり、相続放棄を確実に受理してほしいと思う人は、このような専門家に書類の作成を依頼した方が良いでしょう。

まとめ

今回の記事では、相続放棄を申請するるために必要な手続き方法について解説しました。
相続放棄を申請することは簡単ですが、相続放棄を受理してもらうためには、必要な条件を満たす必要があることがわかりました。
ここで解説した内容を参考にして、適切に相続放棄ができるようになってくださいね! 

関連記事