2019-06-06

葬儀の香典返しのマナーとは?

この記事を読むのに必要な時間: およそ2分
葬儀の香典返しのマナーとは?

この記事の目次

「葬儀でお香典を頂いたけれども、何をどのように返して良いのか分からない」
「香典返しで失礼のないようにマナーを理解しておきたい」
このように、香典返しについて悩みや疑問を持った経験はありませんか?
香典を頂く時と同じように、香典返しにも正しいマナーがあるのです。 
今回の記事を読むことで、香典返しの正しいマナーを理解することができるようになり、香典を頂いた方に失礼のないようにお返しができるようになりますよ!

そもそも香典とはどのようなもの?

葬儀の際にいただく香典ですが、香典にはどのような意味があるものなのでしょうか? 
香典は「故人の霊前にそなえる香に代わる金銭」で、不祝儀袋というのし袋に現金を包んだものを言います。
もともとは線香や花、抹香の代わりとして現金が包まれていたのですが、最近では葬式にかかる費用を軽減するために家族に使ってほしいという参列者の意向が含まれるようになりました。
香典に明確な金額は定められていないのですが、実際のところは故人との関係の深さや参列者の年代によって金額が変わっています
例えば故人が親族でない場合は5,000円から1万円、兄弟姉妹の場合は3~5万円、祖父母の場合は2~5万円、親の場合は5~10万円、親戚や叔父・叔母の場合は1~3万円が相場となっています。
参列者の年代が若ければ収入も少ないことが多いため香典の金額は少なくなり、年代が高くなればなるほど香典の金額は高くなる傾向があります。

香典返しはどのようなもの?正しいマナーとは?

香典返しとは「香典を受けた返礼に品物をおくること。その品物。」と定義されており、葬儀の際に香典を頂いた人に対してお礼の気持ちを込めて品物を贈ることを言います。
葬儀や法事などの弔事が正しく執り行われて無事に終了したということを、香典を頂いた方に対して伝えるものなので、四十九日を過ぎてから直接お礼の挨拶に伺うのがマナーになっています。
とは言っても、香典を頂いた方が遠方に住んでいたり、たくさんの弔問客がいたため、全ての人に挨拶に伺うことができない場合もあるでしょう。
そのような場合は、お礼の挨拶な気持ちが書かれた挨拶状とともに、香典返しも一緒に送付するという方法を取りましょう。
また、近年は葬儀が行われる会場で、弔問客へのお礼と同時に香典返しも渡す場合もあります。
葬儀当日に香典返しも渡す場合は、全員に対して同じ内容の香典返しを渡すことが通常です。
しかし、中には多額の香典を包んでくださる弔問客もいます。
そのような方に全員と同じ内容の香典返しを渡すのは失礼になることがあります。
他の弔問客より多くの香典を包んでくれた弔問客対しては、後日頂いた金額に見合った香典返しを渡すようにしましょう。

香典返しはいくらぐらいの品物が適している?

葬儀を執り行う際に、お香典として多くのお金を受け取るわけですが、香典返しの時はいくらぐらいの品物をお返しすれば良いのでしょうか?
一般的に香典返しのマナーとして、頂いた香典の半額程度の品物をお返しするのが適しているとされています。 
先ほども解説したように、弔問客によっては多額のお香典を包んでくれる人もいるので、頂いた香典の金額を控えておいたり、複数の香典返しを準備できるようにしておきましょう。

香典返しに適した品物はどのようなもの?

頂いたお香典の半額程度の品物を準備するとは言っても、実際にどのような品物を準備すれば良いのか悩むかもしれません。
香典返しでは、 不祝儀を残さないために、形に残らない品物を選ぶのがマナーです。
具体的には、コーヒーやお茶、お菓子などといった、食べたり飲んだりすることで形が残らなくなる品物です。
その他にも、石鹸や洗剤など、使ったらなくなる日用品なども香典返しとして適していますよ!
弔問客に香典返しを選んでほしいと思う人は、香典返しとしてカタログギフトを贈るという選択肢もあります
カタログギフトは、香典返しの金額ごとにカタログの種類が分けられているため、頂いたお香典の金額によって送付するカタログを分けるだけで良いので、香典返しを送る側にとっても負担が少ないですし、香典返しを受け取る側にとっても、好きな品物を選ぶことができるので、お互いにとってメリットがあるのです。
香典返しを送る相手や、親族にとって都合の良い香典返しを選ぶようにしましょう。

もしも香典返しの準備が間に合わなかったらどうすれば良い?

葬儀の準備や身の回りのことでバタバタしており、香典返しを準備できなかったという場合はどうすれば良いのでしょうか?
通常は忌明けである四十九日が終わった翌日から14日以内に香典返しが弔問客に届くように香典返しを用意します。
様々な理由によって香典返しの準備が遅れてしまった場合は、挨拶が遅れてしまったお詫びを添えて送るようにしましょう。

まとめ

今回の記事では香典返しがどのようなものであるかということや、適切に香典返しを送る方法を解説しました。
マナーを守って気持ちよく香典返しが渡せるように準備しておきましょう。 

関連記事