2019-06-06

仏滅・大安とは?葬式との関係とは

facebook
twitter
はて部
LINE
この記事を読むのに必要な時間: およそ2分
仏滅・大安とは?葬式との関係とは

この記事の目次

「葬式を行う上で適した日があるの?」
「仏滅や大安ではどちらの日に葬式を行うのが望ましいのだろう?」
このように、葬式を執り行う日程について悩んだ経験はありませんか?
葬式は、大切な故人との別れを偲ぶための大切な日です。
故人と最期の別れを行い、安心して旅立ってもらうためにも、葬式を行う日の暦を気にすることも大切です。
今回の記事では、葬式を行う上で適した日について詳しく解説していきたいと思います。
この記事を読めば、どの日に葬式を行うことができしているかがわかるようになり、葬式についてよりしっかりと考えられるようになりますよ!

そもそも仏滅とはどんな日なの?

そもそも仏滅は、「仏滅日」を省略して表現した言葉です。
陰陽(おんよう)道で、万事に凶だとする日であるとされており、祝事、祭事など大事には用いないようにされています。
そのため、仏滅の日は何をやってもうまくいかない日だとされているため、イベントは行わず、穏やかに過ごすのが最も良い方法であるとされているのです。
このように、仏滅日は悪い日のように捉えられがちですが、捉え方によっては良い意味で考える人もいます。
それは、仏滅は「物滅」とも表されるため、全ての物が滅びると考え、良いことも悪いこともあらゆる物事がリセットされ、再出発できるという捉え方です。
捉え方次第で仏滅日が良い方にも悪い方にも考えられるので、明確な科学的根拠はありませんが、考え方次第でその人の捉え方が変わってくると言えます。

葬式は仏滅に行った方が良いの?

先ほども解説したように、仏滅は凶の日であると考えられるのが一般的なので、慶事は行わない方が良いと考えられています。
葬式は慶事ではないため、仏滅に行うことが適しているのでしょうか? 
結論から言うと、仏滅日に葬式を行っても問題ありません
なぜなら、葬式は、慶事のように何かを祝う日でもありませんし、あなたに何かをスタートさせる日でもないからです。
また、六曜の1つである仏滅という暦の考え方は、仏教徒の宗教上の関係性がないため、特に気にする必要がないというのも理由の一つです。

大安とはどんな日?

仏滅に対して大安は、「大安日(にち)」を省略して表した言葉です。
陰陽(おんよう)道で、旅行・結婚など万事によい日とされており、結婚式やお祭りなどの慶事に適した日となっています。
大安の日は、一日中が吉の日だとされているため、何をやっても上手くいく日だと考えられています
しかし、仏滅と同じように、考え方次第では大安の日は何もしない方が良いと考える人もいます。
それは、他の宗教では、安息日という何もしない方が良いとされている日が設けられており、大安も安息日と同様の扱いをした方が良いと考えるからです。

さすがに大安の日に葬式をするのは良くない?

とはいっても大安の日に葬式をするのは、縁起が悪いことなのでしょうか?
吉の日に葬式を執り行っては、故人に失礼なような気もします。
結論から言うと、大安の日に葬式を執り行ったとしても全く問題ありません。
先ほども解説したように、六曜と仏教には何の関係性もないため、大安は葬式を執り行う日であっても、特別な意味を持たないからです。
とはいっても、大安の日に葬式をする際は注意しなければならないことがあります。
それは、自分たちが六曜と仏教に関係性がないことを理解していたとしても、参列者の中には、大安の日に葬式を行うことが不謹慎だと感じる人もいる可能性があるからです。
葬儀に参列した方に対して、大安の日に葬式を行っても問題がないことをいちいち説明するのも気が引けます。
そのため、あえて大安の日に葬式を執り行わないという人もいます。
このようなことを考えると、葬式を取りに行う日程も少し気をつけた方が良いかもしれませんね。 

葬儀を行わない方がよいとされる暦日もある!

ここまでは、六曜と仏教の関連性がないことから、葬式を執り行う際に、歴日を気にする必要はないということを述べてきました。
しかし、六曜の中でも友引は特に避けた方が良いと言われていますので、念のために理解しておきましょう。
友引は葬式に関しては凶の日とされており、故人の旅立ちに友を連れていくと考えられています
特に気にする必要がないため、友引に葬式を執り行っても良いのですが、火葬場が友引の日を定休日にしていることが多いため、それが理由で友引の日に葬式ができないという場合もあります。
その場合は結果的に友引に葬式を執り行えないことになるのですが、どうしてもその日に葬式を執り行いたいと考える場合は、火葬場が開いているところを探す必要があります。

まとめ

今回の記事では仏滅と大安の特徴や違いや、それぞれの日に葬式を執り行うことの是非について解説しました。
六曜と仏教に関係性が無いことが分かると、あまり暦を気にせず葬式の日程を組むことができますが、参列者の中には暦を気にする人もいる場合があるので、全員が気分良く葬式に参加できるように、よく考えて葬式を執り行うようにしましょう。 

関連記事

人生には、就学や就職や結婚、ときには大切な人との別れなど、
人生の転機になりうる大きなイベントがいくつも存在します。
我々はそういった節目に備えることを「人生を修める活動」縮めて「修活」としました。
修活のススメは、そんなあなたに最適な方法や人生のヒントを提供するメディアです!