2019-07-07

お葬式に持って行くハンカチは何色が正解?選び方やマナーをご紹介

facebook
twitter
はて部
LINE
この記事を読むのに必要な時間: およそ4分
お葬式に持って行くハンカチは何色が正解?選び方やマナーをご紹介

この記事の目次

お葬式の参列に、ハンカチは必需品です。

服装や小物は黒色で統一するのが基本ですが、ハンカチはどうでしょうか。

葬儀の場を連想してみると、白色を使っているイメージもありますよね。

色以外にも、柄や素材はどういったものが相応しいのか、男女で違いはあるのかなど気になる点はたくさんあると思います。

今回は、お葬式でのハンカチマナーの基本と、急な時でも対応できる入手方法をまとめてみました。

ハンカチを使う際に気をつけるべき点についてもご紹介しているので、ぜひご参考にしてくださいね。

お葬式でのハンカチマナーの基本

お葬式に持参するハンカチには、いくつかマナーがあります。

男女、性別を問わず必要なので失礼のないようにしっかりと確認しておくことが大切。

まずは、お葬式にハンカチを持参する理由から紐解く、マナーの基本についてご説明します。

ハンカチは男女問わず必ず持参する

お葬式のハンカチマナーは、男女一緒です。

性別を問わず必需品なので、普段は持つ機会の少ない男性も必ず持参するようにしましょう。

基本的なハンカチマナーは同じですが、弔事用に販売されているハンカチには男女で少し違いが見られます。

  • 男性用…白色、黒色の無地
  • 女性用…白色、黒色の無地、地味な柄やレース

男性用は無地が一般的ですが、女性用は加えて地味な柄やレースが施されているのが特徴。

お葬式にお洒落をしていくのはタブーですが、身だしなみとしての装飾は推奨されています。

同じ理由で、女性はノーメイクではなく、控え目なお化粧をしていくことがマナー。

質素すぎる装いは、失礼にあたることがあるのです。

ハンカチの柄やレースは、さり気なくシンプルなものなら問題ありません。

無地のものを使った時よりも、大人の女性としての気品を演出することができるのでおすすめです。

お葬式でハンカチが必需品な理由は1つだけじゃない

お葬式でハンカチが必要な理由は、たくさんあります。

  • 涙を拭うため
  • 一般常識として
  • 女性がひざを隠すため

まずは、悲しみの涙を拭うためです。

お葬式は、故人の死を悼む式典。

参列していると生前の思い出が次々と蘇(よみがえ)り、涙が止まらなくなってしまうことも。

そんな時のために、ハンカチは必需品です。

そもそも、お葬式に限らずハンカチは外出時の必需品として愛用されてきました。

最近はジェット温風機が普及していることもあり、ハンカチを持ち歩かない人が増えているようです。

普段は問題ないかもしれませんが、お葬式などのフォーマルな場で用意がないことはマナー違反

一般常識に欠けていると判断されてしまう可能性もあります。

また、ハンカチは女性が椅子に座っている時のひざ隠しにも使えます

喪服のスカート丈は長めにするのが基本ですが、床に正座したり椅子に座ったりするとひざが見えてしまうことも。

お葬式で露出の多い服装は厳禁なので、なるべくひざは見えないように隠しておくのがマナーです。

お葬式でのハンカチの選び方

お葬式でハンカチは必ず使うものなので、色や素材には気をつけなくてはいけません。

うっかり普段用のものを持参すると、目立ってしまって失礼にあたることも。

お葬式に相応しいハンカチの選び方を、ご紹介します。

ハンカチの色は黒か白の二択

お葬式で喪に服する時の色は黒が基本ですが、ハンカチは白でも構いません。

理由は、故人があの世に行く時に着用することで有名な「白装束」にあります。

昔から白装束は、神事や弔事を行う時に使われてきました。

白色は神聖で、清らかな色です。

故人を送り出す場に相応しく、ハンカチの色のスタンダードとしても活用されています。

だからといって、黒色のハンカチを使うことがマナー違反になるわけではありません。

黒色は悲しみを表す色なので、喪に服す場に相応しいとされています。

喪服や小物も黒色で統一するのが基本なので、ハンカチの色も合わせて黒にすることは自然なことです。

実際、昔は白色のハンカチが主流でしたが、最近では弔事用に黒色のハンカチがたくさん販売されています。

どちらを選んでも問題ないので、安心してくださいね。

反対に、絶対にNGな色があります。

それは、赤色や黄色などの派手な原色カラー。

悪目立ちするだけでなく、故人の死を冒涜してしまうような印象を与えてしまいます。

ただし、薄いグレーや水色、白色に近いピンクなどはマナー違反にはなりません

基準は、袱紗(ふくさ)の色にあるかどうかです。

黒色や白色のハンカチを用意するのがベストですが、やむを得ない場合はなるべく地味な淡い色のものを選ぶようにしましょう。

素材は綿やポリエステルがおすすめ

お葬式のハンカチに相応しい素材は、控え目でフォーマル感のあるものです。

おすすめな素材はこちら。

  • 綿
  • ポリエステル

綿や麻、ポリエステルは一般的に使われているハンカチの素材です。

特に、綿は吸収性が高く実用性があるので便利。

迷ったら綿素材を選んでおくと安心です。

反対に、避けた方がいい素材はこちら。

  • シルク
  • タオルハンカチ

シルクはフォーマルな場に相応しい素材ですが、少し光沢感が出てしまいます。

吸収性もそれほどよくないので、お葬式には適しません。

タオルハンカチは吸収性に優れていますが、カジュアルすぎる印象になるのがデメリットです。

サイズも小さめで分厚いので、ポケットやバッグに入れた時にあまりスマートではありません。

最近は弔事用にタオルハンカチが販売されていることもありますが、避けておくのが無難です。

柄やデザインはシンプルなものを選ぶ

お葬式のハンカチの柄は、無地が基本です。

ただし、目立たない地味な刺繍やレースの装飾程度ならマナー違反にはなりません。

無地でチープすぎるものよりは、少し装飾があった方が気品があっていいことも。

黒色や白色のハンカチなら、多少の柄やデザインは許容範囲です。

刺繍やレースの色も、同色に統一されたものを選ぶようにしてくださいね。

避けた方がいい柄やデザインは、ラメやラインストーンが付いているものです。

お葬式に光り物はNGなので、黒色や白色であっても絶対にやめておきましょう。

お葬式でハンカチを使う時の注意点

お葬式でハンカチを使う時は、気をつけるべき点がいくつかあります。

ハンカチマナーの一環として、頭に入れておくと安心です。

お葬式でハンカチを使う時の注意点をご紹介します。

女性はメイクが付かないように気をつける

お葬式ではハンカチで涙を拭いますが、女性はメイクが付かないように要注意。

特に、白色のハンカチを持参する時は危険です。

ファンデーションや口紅がべたべたと付いて、目立ってしまう可能性があります。

お葬式では控え目なナチュラルメイクが基本ですが、使うコスメによっては色が落ちやすいものもあります。

ファンデーションや口紅、マスカラなどはウォータープルーフのものをさっと薄く施すように心がけましょう。

ハンカチを顔にあてる時も、擦り付けるのではなく優しくぽんぽんと拭うのがコツです。

メイクが付いてしまわないか心配な女性は、黒色のハンカチを用意しておくと安心です。

男性のポケットチーフハンカチはNG

ポケットチーフハンカチとは、男性のスーツの胸ポケットから覗かせるハンカチのことです。

海外のお葬式では一般的ですが、日本で使用するのはマナー違反。

そもそも、ポケットチーフハンカチはお洒落のために身に着けるものです。

実際に使うためのものではないので、お葬式の場では必要ありません。

特に、普段スーツでパーティーやお祝い事に出席することが多い男性は要注意。

いつもの癖でうっかり入れてしまわないように、気をつけましょう。

お葬式でのハンカチマナー豆知識

お葬式では、ハンカチが思わぬ役に立つことがあります。

風呂敷のように、万能なのが魅力です。

お葬式でのハンカチマナーに関する豆知識をご紹介します。

袱紗の代用になる

袱紗(ふくさ)とは、冠婚葬祭でお金を包む布のことです。

お金の封筒をそのまま持ち運ぶのはみっともないので、袱紗に包んで渡す前に取り出すのが慣習。

お葬式では、香典を包むのに使用します。

袱紗は必須ですが、急な葬儀の時には準備が間に合わないこともありますよね。

そんな時は、ハンカチを袱紗の代わりにすることができます。

包み方の手順はこちらです。

  1. ハンカチをひし形のように広げる
  2. 香典を中央よりもやや左側に置く
  3. 右、下、上の順に畳んで左開きになるようにする

結婚式では右開き、お葬式では左開きがマナーなので要注意。

絶対に間違わないように気をつけましょう。

袱紗の代わりとするハンカチの色は黒色や白色、地味な淡いカラーがおすすめです。

通常のハンカチマナーと同様に、原色などの派手な色のものは使わないように注意してくださいね。

ひざの上にかけるなら黒色がベスト

ハンカチは、女性が椅子に座った時のひざ隠しにも使えます。

肌の露出を抑えるだけでなく、ちょっとしたひざ掛けの役割も果たしてくれるのでとても便利ですよね。

お葬式で使用するハンカチの色は、黒色か白色が基本。

どちらでも問題ありませんが、ひざの上にかけるなら黒色がベストです。

理由は、喪服との馴染みの良さです。

白いハンカチをひざにかけると喪服に浮いて目立ってしまいますが、黒色なら自然でほとんど分かりません。

お葬式では、とにかく目立たないように控え目な装いでいることが大切です。

スカートの丈が短めに感じた時や、冬場にお葬式へ参列する時は黒色のハンカチを持って行くと安心です。

お葬式のハンカチマナーを守って適切な色や素材を選ぼう【まとめ】

お葬式でハンカチは、男女問わず必需品です。

葬儀中も必ず使用するものなので、ハンカチのマナーを守ることはとても大切。

適切な色や素材を選んで、安心して参列できるように準備しておいてくださいね。

万が一、急ぎで弔事用のハンカチを準備できなかった時は、コンビニで購入することもできます。

黒色か白色、なければ薄い色のハンカチでも構わないので、落ち着いて対応していきましょう。

 

関連記事

人生には、就学や就職や結婚、ときには大切な人との別れなど、
人生の転機になりうる大きなイベントがいくつも存在します。
我々はそういった節目に備えることを「人生を修める活動」縮めて「修活」としました。
修活のススメは、そんなあなたに最適な方法や人生のヒントを提供するメディアです!