2019-08-08

仏事コーディネーターになるには?難易度と仏壇店の選び方と注意点

facebook
twitter
はて部
LINE
この記事を読むのに必要な時間: およそ4分
仏事コーディネーターになるには?難易度と仏壇店の選び方と注意点

この記事の目次

仏壇は、とても大切で大きなお買い物です。

仏壇店で購入するのが一般的ですが、気になるのは良心的なお店の選び方。

ずっと使っていくものなので、絶対に失敗したくないですよね。

今回は、仏壇店の選び方と注意点についてまとめてみました。

仏壇店に在籍している、仏壇コーディネーターという資格についてもご紹介します。

仏壇をどこで買うべきか迷っている方、仏壇コーディネーターという資格について知りたい方は、ぜひご参考にしてくださいね。

仏壇店を選ぶときのポイント

仏壇店は、大手の有名店から小さな個人店までたくさんあります。

大切なのは、自分が信頼できる良心的なお店を見極めること。

仏壇店を選ぶときのポイントについてご紹介します。

3軒は回る

仏壇を購入するお店を探すときは、最低でも3軒は見て回るのがおすすめです。

大きなお買い物なので、お店選びは慎重に検討していきましょう。

ポイントは、大手の有名店と小さな個人店の両方を訪れてみること。

大手の有名店が、必ずしも優良店であるとは限りません。

大切なのは、お店や店員さんの雰囲気が自分にとってしっくりくるかどうかです。

仏壇は永く使っていくものなので、アフターサービスも含めると仏壇店との付き合いも長くなります。

仏具を買ったり、葬儀に必要な物を揃えたりと仏壇店にお世話になる機会は意外と多いものです

そのため、適当に選んでしまうと後から後悔してしまうことにもなりかねません。

一生付き合っていけるお店選びをするつもりで、しっかり吟味するようにしてくださいね。

お店の雰囲気と店員の対応を確認する

お店や店員さんの雰囲気を知るには、実際に店舗へ訪れてみるのが一番です。

最近では、仏壇をネット通販で購入することも増えているようです。

安く手軽に購入できるのがメリットですが、仏壇店にお世話になる機会はたくさんあります。

特に、自分の宗派の数珠を購入したり喪服を選んだりするときは、店員さんの実際のアドバイスが必要なことも。

地元に馴染みのある仏壇店があると、急な弔事の時も安心です。

優良仏壇店の特徴とは?

  • お店や商品の清掃が行き届いている
  • 予算に合わせて、最適な仏壇を紹介してくれる
  • 仏壇や仏具に豊富な知識があり、細かくアドバイスしてくれる

お店や商品の清掃状態を見ることで、優良店かどうかはある程度判断できます。

店内の清掃はもちろん、商品を綺麗に保っておくことは商売の基本です。

床や棚の清掃が行き届いていなかったり、仏壇に埃が被っていたりしないか注目してみましょう。

ピカピカの商品やガラスケースが置いてあるお店は、店員さんの接客も素晴らしいはずです。

誠実な対応

仏壇を購入するときは、ある程度の予算を抱えていくと思います。

店員さんにその旨を伝えたとき、どんな金額であれ誠実に対応してくれるかにも注目です。

必要以上に高いものを進めてきたり、低い予算だからといって不誠実な態度を取る店員さんには要注意。

少しでも不安な感じがしたら、その場で即決せずに他のお店も見回ってみることをおすすめします。

豊富な知識

また、お店や店員さんが仏壇や仏具に豊富な知識があるかどうかも大切です。

こちらの質問にしっかり答えてくれたり、適切なアドバイスをしてもらえたりすると安心できますよね。

今後、弔事に関して分からない点があっても、気軽に相談できるような関係性を築けるとベストです。

仏事コーディネーターの店員がいるかをチェックする

仏事コーディネーターとは、仏壇や仏具に関する知識を兼ね備えたプロのことです。

民間資格なので、講習と試験を受けて合格しなければ認定されません。

仏壇店での実務経験も必須なので、資格保持者は知識だけでなく豊富な経験も兼ね備えているのが特徴。

仏事コーディネーターが居ることは、信頼できる仏壇店を判断する一つの項目になります。

仏壇の値段や形状、素材など気になる点がたくさんある方は、仏事コーディネーターが在籍しているお店で相談するのがおすすめです。

仏壇店を選ぶときの注意点

悪質な仏壇店というのは、なかなかありません。

しかし、自分と相性の良いお店を探すときに気をつけるべき点はいくつかあります。

ここでは、仏壇店を選ぶときの注意点についてご紹介します。

予算をしっかり決めて伝える

仏壇店には、最初に予算をしっかりと伝えてましょう。

一般的な仏壇の種類と価格はこちらです。

  • ~5万円…マンションなどにも置けるコンパクトタイプ。持ち運び式で、折りたたみも可能。
  • ~20万円…従来の一般的な仏壇よりはややコンパクトなタイプ。据え置き式で、仏壇感をしっかりと感じられる。
  • ~50万円…大きく煌びやかで、本格的な仏壇。世代を超えて受け継げる、しっかりとした素材が特徴。

仏壇の価格はピンキリです。

最近はコンパクトな仏壇が流行っているので、安いものだと5万円以下で購入することもできます。

据え置き式のしっかりとした仏壇が欲しい方は、平均30万円くらいの予算があれば安心です。

価格は大きさや素材、デザインによって異なります。

比較して検討するためにも、たくさんの種類の仏壇を扱っているお店がおすすめです。

予算を決めれず不安な方は、事前にネットである程度リサーチをしてみましょう。

自分の求めている大きさや素材、デザインが把握できればお店に行ってもスムーズに要望を伝えられます。

アフターサービスが充実しているかを確認する

仏壇は、世代を超えて永く使っていくものです。

購入してから数年が経過すると、修理やメンテナンスが必要になることもあります。

仏壇の造りは繊細で難しいので、素人では解決できない場合がほとんどです。

そんなときに、仏壇を購入したお店がアフターサービスを行なってくれるかどうかはとても重要。

アフターサービスが充実していなかったり、お店の対応が悪かったりすると後でとても苦労することになります。

チェックしておきたい、アフターサービスの内容はこちらです。

  • 品質保証が付いているか
  • 定期的な仏壇の点検やリフォームサービス
  • 良心的な価格での仏壇クリーニングサービス

仏壇には通常、価格に応じて3~10年の品質保証が付いています。

この期間に発覚した欠陥や問題には、無償で対応してくれるので大きなお買い物でも安心です。

お店が仏壇の点検やリフォーム、クリーニングサービスを実施しているかも確認しておきましょう。

仏壇の点検や修理などを別の仏壇店にお願いすると、料金は高額になってしまいがち。

購入した仏壇店であれば、アフターサービスとしてお得に点検や修理を受けられます。

アフターサービスの内容や料金に関しは、事前にしっかりと確認しておくのがおすすめです。

仏事コーディネーターとは?

仏事コーディネーターは、仏壇と仏具に関する豊富な知識と経験を持っているプロのことです。

仏壇店に在籍していることが多く、消費者目線でアドバイスをしてくれます。

ここでは、仏事コーディネーターの概要についてご説明します。

新しい民間資格

仏事コーディネーターは、仏事コーディネーター資格審査協会が認定している民間資格です。

2004年にスタートしたばかりの、比較的新しい資格制度といえます。

目的は、仏壇や仏具を求める消費者に、正しい知識を持ってアドバイスをすること。

仏壇店での実務経験が必須なので、知識だけでなく経験も豊富なのがポイントです。

この資格に合格すると、認定証と顔写真付きのIDが与えられます。

仏壇店に勤務している仏事コーディネーターは、このIDを首から下げているのが特徴。

店内で、すぐに仏事コーディネーターだと判断できるのが嬉しい点です。

仏事コーディネーターの難易度について

資格の更新頻度は5年で、IDにはランクがあり難易度も異なります。

  • ~5年…シルバーカラー
  • 5~10年…ゴールドカラー
  • 10年以上…ゴールドカード+星マーク2つ

10年以上も資格を保有しているベテランの方がいれば、安心して相談できますよね。

正し、ランクが低いからといって信頼できないわけではありません。

仏事コーディネーターは実務経験に加えて講習と試験を受け、合格した方のみが保有できる資格です。

※過去問も繰り返し解くことが大切です。

ランクに関わらず信頼できるプロなので、気軽に相談してみましょう。

仏事コーディネーターの資格を取得するには?

仏事コーディネーターになるには、いくつか条件があります。

誰でもすぐに取得できる資格ではないので、注意が必要です。

仏事コーディネーターの資格を取得する方法について、ご紹介します。

受験資格がある

仏事コーディネーターになるには、受験資格があります。

  • 満20才以上
  • 仏壇店や仏具店での実務経験が3年以上ある
  • 全日本宗教用具協同組合の組合員とその従業員であること

まず、壁となるのが仏壇店や仏具店での実務経験が必須なことです。

パートやアルバイトでも可能ですが、3年以上務めていることが条件になります。

さらに、受験するには全日本宗教用具協同組合の組合員とその従業員であることが求められます。

仏事コーディネーターになるために仏壇店や仏具店に就職することを考えている方は、組合に入るのを忘れないようにしてくださいね。

講習と試験を受ける

仏事コーディネーターになるには、講習と試験の両方を受ける必要があります。

  • 講習・受験料…35,000円(テキスト代別)
  • 受験会場…東京や大阪など主要都市
  • 試験形式…○×形式の筆記

講習には、1冊のテキストが必須です。

テキストは毎年変わりますが、大体1,0000円~1,4000円ほどで手に入ります。

受験会場は東京や大阪などの主要都市で行われますが、講習と試験は1日でまとめて行われるので地方に住んでいる方も安心です。

合否は、約1ヶ月後に自宅への郵送で通知。

認定証とIDが交付されるので、その日から正式に仏事コーディネーターを名乗ることができます。

※仏事コーディネーターとは別にお墓ディレクター、供養コンシェルジュも存在します。

仏壇店の選び方と仏事コーディネーターの資格について【まとめ】

仏壇は、世代を超えて使う大切なものです。

大きなお買い物なので、仏壇店を選ぶときは慎重に検討するようにしましょう。

不安なことがあるときは、仏事コーディネーターに相談をすると安心です。

関連記事

人生には、就学や就職や結婚、ときには大切な人との別れなど、
人生の転機になりうる大きなイベントがいくつも存在します。
我々はそういった節目に備えることを「人生を修める活動」縮めて「修活」としました。
修活のススメは、そんなあなたに最適な方法や人生のヒントを提供するメディアです!