2019-08-08

法事の引き出物は何が喜ばれる?相場などの基礎知識と流行アイテム

facebook
twitter
はて部
LINE
この記事を読むのに必要な時間: およそ4分
法事の引き出物は何が喜ばれる?相場などの基礎知識と流行アイテム

この記事の目次

法事の引き出物は、時代と共に変化してきています。

種類も多様化しているので、何を選んだらいいのかは迷いどころ。

せっかくお返しとして渡すなら、喜んでもらえる品物を渡したいですよね。

今回は、法事の引き出物で喜ばれる流行アイテムについてまとめてみました。

引き出物の相場やマナーなどの基礎知識についてもご紹介しているので、お返し選びに悩まれている方はぜひご一読ください。

法事の引き出物の基礎知識

法事の引き出物には、マナーや相場が存在します。

結婚式などのお祝い事とは異なるので、弔事にふさわしい品物を選ばなくてはいけません。

まずは、法事の引き出物の基礎知識についてご紹介します。

食品などの消え物を選ぶのがマナー

法事の引き出物には、形に残らない消え物を選ぶのが一般的なマナー。

これは、「不祝儀を後に残さない」という配慮によって生まれた慣習です。

食品や消耗品が好まれる理由が、よく分かりますよね。

しかし、最近は後に残るようなものでも、品物によっては問題ないとされています。

大切なのは、参列者へ感謝の気持ちを伝えること。

基本的なマナーを守りながらも、柔軟な商品選びをしてみてくださいね。

引き出物の金額相場は「半返し」が基本

気になる引き出物の金額相場は、香典でいただいた金額の3分の1~半額程度。

迷ったら、「半返し」で商品を選ぶようにしましょう。

問題は、引き出物を法事の当日にお返しする場合です。

あらかじめ用意しておく必要があるので、金額に応じたお返しをすることができなくなってしまいますよね。

そんな時は、香典でいただいた金額に関係なく一律で引き出物を用意しておいてもOKです。

一律で用意する場合の金額相場は、3,000円~5,000円程度。

参列者の層を見て、金額は調整するようにしましょう。

引き出物は2種類以上に分けて渡すこともある

引き出物は、1種類で渡す場合と2種類以上に分ける場合があります。

2種類以上に分ける主な理由は、引き出物の差出人が誰か分かるようにするため。

親族それぞれから引き出物がある場合は、異なる差出人の名前が入った掛け紙を付けて渡します。

また、地域の慣習による理由もあります。

西日本や関西地方では、2種類以上に分けて渡すのが一般的なようです。

ちなみに、2種類に分けて渡す場合も全体の引き出物の金額は変わりません。

  • 1種類…3,000円の品物1つ
  • 2種類以上…1,000円の品物1つ+2,000円の品物1つなど

このように、1つあたりの単価が変動するだけです。

特にこだわりやしきたりがない場合は、どちらでもお好きな方法を選んで構いません。

法事の引き出物におすすめなもの【定番編】

法事の引き出物には、古くから変わらない人気なものがあります。

しきたりやマナーが気になる方は、定番の商品を選んでおくと安心です。

ここでは、法事の引き出物におすすめな定番商品についてご紹介します。

高級タオル

高級タオルは、法事の引き出物の定番商品代表。

日常的に使えて役に立つので、喜ばれることが多い品物です。

特に人気なのは、「今治タオル」など有名なブランドのタオル。

高級感もあり、使い心地も抜群です。

タオルの色はなるべく薄い色味の、上品なデザインのものを選ぶようにしましょう。

日持ちする食品

法事の引き出物で最も選ばれているのが、焼き菓子など日持ちする食品です。

消え物なので、マナーもばっちり。

安心して、お返しとしてお渡しすることができます。

お菓子もおすすめですが、人気が高いのは調味料セットなどの必ず使う消耗品

味や好みを選ぶことがあまりないので、重宝されます。

時期によって、季節感のある食品を選ぶのもおすすめです。

お茶やコーヒーなどのバラエティギフト

お茶やコーヒーなど、飲み物の詰め合わせも人気です。

すぐに消費する必要がないので、来客用に保管して使っていただくことも可能になります。

特に人気なのが、有名コーヒーメーカーのインスタントセット。

バラエティギフトを選べば、さまざまな味を楽しんでいただけます。

参列者の年齢層がバラバラな時は、年代を問わず好んでもらえるジュースの詰め合わせなどもおすすめです。

法事の引き出物におすすめなもの【流行編】

法事の引き出物には定番商品の他に、時代に合った流行の人気商品もあります。

変わり映えのある品物を贈れば、参列者の方も喜んでくれること間違いなしです。

ここでは、法事の引き出物におすすめな流行の商品をご紹介します。

法事用のカタログギフト

自分で好きな品物を選べるカタログギフトは、法事の引き出物としても大人気です。

カタログギフトを引き出物にするメリットは、3つあります。

  • 金額の相場が相手に分かりづらい
  • 本当に欲しい物を選んでもらえる
  • 法事にタブーなお肉などの食品も選択可能になる

まずは、金額の相場が相手に分かりづらいという点です。

品物だと大体の金額が予想できますが、カタログギフトはそうもいきません。

通常購入よりもお得に、豊富なラインナップの品物が掲載されているからです。

参列者の方に金額のことで、失礼な思いをさせる心配がないのは嬉しいですよね。

何より、本人が本当に欲しいものを選んでもらえるというメリットもあります。

引き出物に貰った物の使い道に困っている…というのは意外とよくある話。

せっかくなら、実際に使えて喜んでもらえる商品を贈るのが一番ですよね。

また、法事には直接引き出物として渡すのはタブーな品物がいくつかあります。

代表が、お肉などの殺生を連想させる食品。

このようなマナー違反ともなる品物も、カタログギフトを介してもらえば受け取ってもらうことが可能になります。

最近では金額別に法事専用のカタログギフトが販売されているので、ぜひご活用してみてくださいね。

お洒落なお菓子

法事の引き出物で定番なのは、古くから愛されているような有名なお菓子。

見慣れた安心感はありますが、お洒落で話題のお菓子を選んで喜んでもらうのもおすすめです。

法事用の中から探すこともできますが、ネット通販を利用すれば話題のお店から直接お取り寄せすることもできます。

お洒落なお菓子を引き出物にする時の注意点は2つ。

  • 賞味期限はしっかりと確認する
  • カラフルで華やか過ぎるものは避ける

法事で扱うお菓子は、必ず日持ちのするものを選びます。

また、どんなにお洒落でもカラフルで華やか過ぎるものはNG。

理由は、弔事を祝っているかのような印象を与えてしまうからです。

流行で話題のお店から取り寄せる時は、法事にふさわしいような上品な雰囲気のあるお菓子を選ぶようにしてくださいね。

人気のブランド商品

ブランド商品は高価なイメージがありますが、小物は意外とリーズナブルに購入できます。

法事の引き出物にふさわしいブランド商品の例はこちらです。

  • タオル
  • 洗剤やシャンプー
  • ブランドオリジナルの食品

タオルは、ほとんどの人気ブランドが出している人気商品。

法事の引き出物として選ぶなら、さり気ないロゴが入ったものが最適です。

海外の有名メーカーが出している洗剤やシャンプーも、特別感があって喜ばれます。

消耗品でありながらも、実用性も兼ね備えているのがポイントです。

また、有名なブランドが引き出物や贈り物用にオリジナルの食品を出していることもあります。

例えば、日本を代表する高級ホテルの「帝国ホテル」。

実は、スープや焼き菓子の詰め合わせなどを販売しています。

誰もが知るような有名ブランドのロゴが入った品物は、喜ばれること間違いなしです。

法事の引き出物を選ぶ時に気をつけるべきこと

法事の引き出物には、しきたりがあります。

参列者のことを配慮して、失礼のないように気をつけましょう。

最後に、法事の引き出物を選ぶ時に気をつけるべきことについてご解説します。

金券など現金に近いものはタブー

法事の引き出物に、金券などの現金に近いものを渡すことは基本的にタブー。

香典をそのまま突っ返すような印象を与えたり、金額がはっきりと分かりすぎて失礼にあたったりするからです。

しかし、近年では金券や商品券を渡すのはマナー違反ではないと捉えている人も増えています。

必要のないかもしれない物を貰うより、ありがたいという参列者の声もあるようです。

参列者のことを考えた時に、品物と自由に使える金券のどちらがいいのか…悩ましくなってきますよね。

そんな時におすすめなのは、やはりカタログギフトです。

お返しの金額を知られることなく、好きな物を選んでもらうことが可能になります。

法事の引き出物に悩んだら、「法事用のカタログギフト」を選んでおけば安心です。

派手なものや赤色の品物は避ける

法事は弔事なので、お祝い事を連想させるような華やかな品物は避けるのが無難です。

特に、赤色の品物は絶対にNG。

赤色は、お祝いを象徴する色だからです。

食品やパッケージの一部に入っているのは構いませんが、メインカラーが赤色のものはタブーです。

法事用だということを忘れずに、うっかり選んでしまわないように気をつけてくださいね。

軽くて持ち運びやすいものを選ぶ

最近は、引き出物を法事の当日に渡すのが主流になってきています。

法事の後に会食がある場合は、参列者はそのまま荷物を持って会場に移動しなくてはいけません。

引き出物を大きな重たいものにしてしまうと、移動の邪魔になり迷惑になってしまいます。

品物はなるべく小さく、軽い物を選ぶようにしましょう。

どうしても重たい豪華なものを渡す必要がある場合は、後日郵送で送るように手配するのがおすすめです。

法事の引き出物は時代に合った喜ばれるものを選ぶ【まとめ】

法事の引き出物は、参列者へ感謝の気持ちを伝えるためのものです。

昔ながらの定番商品もありますが、時代に合った流行の品物を選ぶもおすすめ。

たくさんあるラインナップで迷ったら、法事用のカタログギフトを選んでおけば安心です。

自分が貰うならどんなものが嬉しいかを考えながら、引き出物を検討してみてくださいね。

関連記事

人生には、就学や就職や結婚、ときには大切な人との別れなど、
人生の転機になりうる大きなイベントがいくつも存在します。
我々はそういった節目に備えることを「人生を修める活動」縮めて「修活」としました。
修活のススメは、そんなあなたに最適な方法や人生のヒントを提供するメディアです!