2019-08-08

代表的な仏教の宗派についてご紹介!宗派を知る方法とその大切さ

facebook
twitter
はて部
LINE
この記事を読むのに必要な時間: およそ4分
代表的な仏教の宗派についてご紹介!宗派を知る方法とその大切さ

この記事の目次

総務省の2013年の統計によれば、日本の仏教徒は8000万人以上といわれています。

しかし、ご自身を仏教徒であると考えている方の実数は、もっと少ないのではないでしょうか?

さらに、ご自身の宗派を把握している方といえば、ほとんどの方が把握していないと考えられることでしょう。

しかし、宗派を把握していないと、葬儀屋さんとの打ち合わせや仏壇購入の際に困ってしまうのです。

そこで今回は、代表的な仏教の宗派について詳しくご紹介します。

自分の宗派を知る方法や、宗派の開祖、歴史に至るまで幅広くまとめていますので、ぜひごらんください。

 

「ご宗派はどちらですか?」

身内の逝去に伴って、葬儀屋さんにまず訊かれるのが宗派です。

私たち日本人は、お正月は神社に初詣に行き、お盆やお彼岸にはお墓参りをし、クリスマスにはプレゼントを交換し、ハロウィンに仮装をしたりもします。

仏教、神道、キリスト教などさまざまな宗教の風習を受けいれ、生活に取り入れているのです。

そのため、普段は自分の宗派を意識することがありません。

あるとするならば、身内が亡くなったり親戚の法事に参列したりするときくらいのものです。

実際、身内の逝去の際に葬儀屋さんに宗派を訊かれてあわててしまう方が増えているといいます。

仏教にはさまざまな宗派があり、教義もお経もそれぞれです。

ですので、宗派が分からないとお坊さんを呼ぶことができず、困ってしまいます。

また、仏壇も宗派による違いがあるため、宗派が分からないと購入できません。

自分の宗派を知るためには、父方の親せきに訊いてみるのがよいです。

親戚に宗派のこだわりがないのであれば、ご自身が信じる宗派を選ぶこともできます。

続いては、代表的な仏教の宗派について詳しくご紹介していきます。

 

天台宗

まずは天台宗です。

  • 開祖と歴史

  • 宗派

  • 本尊

  • 焼香の作法

についてそれぞれご紹介します。

 

天台宗の開祖、歴史

天台宗の開祖は、最澄(767~822)です。

最澄は、中国の唐に渡って天台教学や密教、禅や律の伝授を受けて戻り、806年にこれら全てを統合する天台法華宗を開きました。

天台教学は法華宗に基づく思想のため、天台宗にも法華宗に似た特徴があります。

たとえば、あらゆる人々は仏となる因(仏性)を持っているという一乗思想、3つの真理についての見方である円融三諦(えんにゅうさんたい)、己の心のなかに仏教界を見る一念三千の教えなどがあります。

また、近年小さなブームともなっている瞑想の基礎である止観(しかん)を重視した実践行を行います。

天台宗を学んでから宗祖となった人が多いため、他の宗派との違いが少ないのも特徴です。

 

天台宗の宗派は、3種類

天台宗の宗派は、主に次の3つに分かれます。

  • 天台宗

  • 天台宗寺門派

  • 天台宗真盛派

 

本尊

特定の本尊を祀らないが、阿弥陀如来や釈迦如来を祀ることが多いです。

 

唱題のとなえ方

南無阿弥陀仏が一般的とされます。

 

焼香の作法

抹香をつまみ、額までかかげて香炉に落とす動作を3回行います。

 

真言宗

真言宗の開祖、歴史

真言宗の開祖は、弘法大師・空海(774~835)です。

唐で恵果から真言密教を学び、その才能を見込まれて秘宝をことごとく伝授されたといいます。

帰国ののち真言宗を開き、嵯峨天皇の後援を受けながら布教活動を展開しました。

その間、多くの福祉的活動や橋を架けるなどの社会事業にも尽力したことで、大きな支持を得たといわれます。

真言密教とは、一般的な顕教が歴史上のお釈迦様が説いた教えとされるのに対して、絶対者である大日如来が直接説いたものであるといいます。

曼荼羅はそんな密教の悟りの世界、つまり私たちの生命の根源である大日如来を象徴的に図にしたものです。

ちなみに、高野山は偉大な大師である空海を信仰する土地となり、大師の救いを信じて南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)と唱えるようになりました。

 

真言宗の宗派の一覧

  • 古義真言宗

  • 真言宗醐醍派

  • 真言宗東寺派

  • 真言宗泉涌寺派

  • 真言宗山階派

  • 真言宗善通寺派

  • 新義真言宗智山派

  • 新義真言宗豊山派

 

本尊

大日如来

 

唱題のとなえ方

南無大師遍照金剛(なむたいしへんじょうこんごう)

 

焼香の作法

抹香をつまみ、額の高さまで掲げる動作を3回行います。

 

浄土宗

浄土宗の開祖、歴史

浄土宗の開祖は、浄土宗系の教祖とされる法然(1133~1212)です。

法然は比叡山に上り奥義を究めましたが満足できず、ついに中国の善導大師の言葉に触発されて専修念仏(せんじゅねんぶつ)を唱える浄土宗を開きました。

専修念仏とは、浄土に往生するためには念仏以外の修業は必要ない、ただひたすらに「南無阿弥陀仏」と唱えることが重要だとする考え方です。

法然が生きた鎌倉時代は、天災や飢饉、戦乱などによって民衆の不安や苦悩が高まっていました。

鎌倉時代に専修念仏のような教えが大きく広まったのは、救いを求める民衆の願いに応える教えだっためといわれます。

しかし、その人気のために迫害を受け、法然やその弟子は死罪や流罪に処せられました。

 

浄土宗の宗派の一覧

  • 浄土宗
  • 浄土宗西山禅林寺派
  • 浄土宗西山光明寺派
  • 浄土宗西山深草派

 

本尊

阿弥陀如来

 

唱題のとなえ方

南無阿弥陀仏

 

焼香の作法

抹香をつまんで掲げる動作を3度行います。

 

浄土真宗

浄土真宗の開祖、歴史

浄土真宗の開祖は、親鸞(1173~1262)です。

法然の弟子として学びましたが、法然が四国に流罪とされたときに越後流罪に処されました。

そののち関東で教えを広めて、晩年には京都へ戻りましたが、関東の弟子たちには手紙で指導し続けたといいます。

親鸞の教えは非常に大胆なもので、信心を深めればこの世で救われる(生きているうちに仏となることが決定する)という内容です。

しかも、その信心や念仏の行は如来によって廻向(えこう)されたものとされ、自分の力ではなく如来の力を信じること(他力本願)によって救われると説きます。

現在の浄土真宗教団で最も大きなものは、浄土真宗本願寺派と、真宗大谷派の2つです。

それぞれ、西本願寺と東本願寺ということから、お西さん、お東さんなどとも呼称されます。

 

宗派の一覧

  • 真宗本願寺派

  • 真宗大谷派

  • 真宗高田派

  • 真宗興正派

  • 真宗仏光寺派

  • 真宗木辺派

  • 真宗出雲路派

  • 真宗山元派

  • 真宗誠照派

  • 真宗三門徒派

 

本尊

阿弥陀如来

 

唱題のとなえ方

南無阿弥陀仏

 

焼香の作法

抹香をつまんで、そのまま香炉に落とす動作を一度だけ行います。

 

禅宗

禅宗の開祖、歴史

禅宗の中でも大きな宗派である臨済宗と曹洞宗は、ともに鎌倉時代に成立しました。

臨済宗は中国で成立した禅の一派で、日本には栄西が宋から伝えました。

禅とは、精神統一を意味する dhyāna(jāna)の音写「禅那(ぜんな)」の語に由来します。

目的は、座禅を組んで精神統一の状態に入り、自身の本性を知って悟りを開くことです。

また、曹洞宗も中国の曹洞宗の禅を道元(1200~1253)が宋から伝えました。

臨済宗が師と弟子の禅問答を行うのに対して、曹洞宗は只管打座(しかんだざ)。ただ座ることを重んじます。

 

禅宗の宗派の一覧

  • 臨済宗天竜寺派

  • 臨済宗相国寺派

  • 臨済宗建仁寺派

  • 臨済宗南禅寺派

  • 臨済宗妙心寺派

  • 臨済宗建長寺派

  • 臨済宗東福寺派

  • 臨済宗大徳寺派

  • 臨済宗円覚寺派

  • 臨済宗永源寺派

  • 臨済宗方広寺派

  • 臨済宗仏通寺派

  • 臨済宗向嶽寺派

  • 臨済宗国泰寺派

 

曹洞宗は一派のみで、分派はありません。

 

本尊

釈迦如来

 

唱題のとなえ方

南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)

 

焼香の作法

臨済宗の場合、抹香を額の高さまでかかげて香炉に落とす動作を一度行います。

曹洞宗の場合、初めは抹香を額にかかげて香炉に落とし、二度目はかかげずそのまま香炉に落とします。

 

日蓮宗

日蓮宗の開祖、歴史

日蓮宗は、日蓮(1222~1282)を宗祖とします。

日蓮は法華経こそが釈迦の悟りのすべてであるとし、また妙法蓮華経という言葉が仏陀の思想や宇宙のありようそのものを表すとして重んじます。

日蓮による大曼荼羅は南無妙法蓮華経を中心にさまざまな仏が回りに配置された図で、日蓮宗においてはこの大曼荼羅が本尊として礼拝の対象となっています。

 

宗派の一覧

日蓮宗は、単一宗派です。

 

本尊

大曼荼羅

 

唱題のとなえ方

南無阿弥陀仏

 

焼香の作法

抹香をつまんで額に掲げ、香炉に落とす動作を三度行います。

 

信者数で見る仏教の宗派

総務省の2013年の統計によれば、日本人のうち8470万人が仏教徒であるとされています。

また、文化庁が平成28年にまとめた「宗教年鑑」によると、主な宗派ごとの信者数は次のようになります。

 

  • 天台宗1,363,553人 (天台系2,843,007人)

  • 高野山真言宗3,831,300人  (真言系9,063,545人)

  • 浄土宗6,021,900 人 (浄土系22,755,449人)

  • 浄土真宗本願寺派7,922,823人

  • 浄土真宗大谷派7,918,939人

  • 曹洞宗3,511,798 人 (禅系4,857,162人)

  • 日蓮宗3,486,04人

  • 日蓮正宗668,000人

 

信者数の多い順番に並べると、次のようになりました。

  1. 浄土真宗(約1600万人)

  2. 真言宗(約900万人)

  3. 浄土宗(約600万人)

  4. 曹洞宗含む禅宗(約490万人)

  5. 日蓮宗(350万人)

  6. 天台宗(140万人)

 

これを見ると、浄土真宗の信者数が圧倒的に多いことが分かります。

実際の葬儀も、浄土真宗の様式で行われることが多いです。

大まかな信者数を把握しておけば、ご自身の宗派を調べる際に役に立つかもしれませんよ。

 

まとめ

代表的な仏教の宗派についてご紹介しました。

ぜひ、父方の親せきに尋ねるなどしてご自身の仏教の宗派を知り、突然の訃報や身内のご不幸に備えましょう。

関連記事

人生には、就学や就職や結婚、ときには大切な人との別れなど、
人生の転機になりうる大きなイベントがいくつも存在します。
我々はそういった節目に備えることを「人生を修める活動」縮めて「修活」としました。
修活のススメは、そんなあなたに最適な方法や人生のヒントを提供するメディアです!