2019-09-09

香典袋の書き方について|裏面、中袋、金額の相場は?

facebook
twitter
はて部
LINE
この記事を読むのに必要な時間: およそ4分
香典袋の書き方について|裏面、中袋、金額の相場は?

この記事の目次

香典袋の書き方は、宗派によって違います。

個人や連名など、どの立場から出すのかにもよるのでマナーはとても複雑です。

外袋や中袋もあり、どこに何を書けばいいのか分からなくなってしまいますよね。

香典袋の書き方の基本

香典袋には、全てに共通するルールがあります。

記入するペンの選び方や漢字の使い方など、基本はしっかりと覚えておきましょう。

まずは、香典袋の書き方の基本をご紹介します。

そもそも香典とはどのようなもの?

香典は「故人の霊前にそなえる香に代わる金銭」で、不祝儀袋というのし袋に現金を包んだものを言います。
もともとは線香や花、抹香の代わりとして現金が包まれていたのですが、最近では葬式にかかる費用を軽減するために家族に使ってほしいという参列者の意向が含まれるようになりました。

香典の相場は?いくら入れれば良いの?

香典を包む際に最も気になるのが香典袋に入れるお金の金額ではないでしょうか?
結論から言うと、香典に明確な金額は定められていません
しかし実際のところは故人との関係の深さや参列者の年代によって金額が変わっているます。
例えば故人が親族でない場合は5,000円から1万円、兄弟姉妹の場合は3~5万円、祖父母の場合は2~5万円、親の場合は5~10万円、親戚や叔父・叔母の場合は1~3万円が相場となっています。
参列者の年代が若ければ収入も少ないことが多いため香典の金額は少なくなり、年代が高くなればなるほど香典の金額は高くなる傾向があります。
もしいくら包めば良いか分からない場合は、同じ世代で参列する人に聞いてみるという方法をとっても良いでしょう。

香典の正しい書き方を解説

香典袋の表書きは、地域や宗教によって違いがあります。
例えば神式の葬式では「御玉串料」「御榊料」などと書かれていますが、キリスト教式の葬式では一般的に「御花料」と書きます。
無宗教・宗教が分からない場合は、のし袋は白無地袋に白黒の水引がかかっているものを選び、表書きは「御霊前」と書きます。
故人の家族に宗教を直接聞くのも気が引けると思うので、分からない場合は無理に聞かずに香典を準備しても問題ありません。
香典袋の上段に表書きを書いたら、下段に名前を、内袋には住所を書きましょう。
また、香典袋に文字を書く時は毛筆または筆ペンを使って、故人に対しての悲しみを表現する「薄墨」で書くことがマナーになっています。

香典袋の書き方の基本

香典袋には、全てに共通するルールがあります。

記入するペンの選び方や漢字の使い方など、基本はしっかりと覚えておきましょう。

まずは、香典袋の書き方の基本をご紹介します。

外袋と中袋の表面・裏面の記入方法【金額の記載】

香典袋は、外袋と中袋(裏面)で構成されています。

基本となる香典袋の書き方の見本はこちらです。

基本

  • 外袋(表書き)の上部…香典の名目。宗派によって異なるので注意。例:仏教「御霊前」神道「御玉串料」など。
  • 外袋(表書き)の下部…自分の名前。

 

  • 中袋(表面)…香典の金額。旧字体の漢数字を使う。
  • 中袋(裏面)…自分の住所と氏名。

意外と書くことは少なく、シンプルですよね。

ただし、これは個人で出す時の例なので、連名で出す場合は別紙が必要なこともあります。

また、最近では表書きや水引が印刷された香典用の封筒を使うことも。

この封筒には中袋がないので、金額や自分の住所・氏名は封筒の裏面に書くようにしましょう。

縦書きで旧字体の漢数字を使うことなど、マナーは同じです。

薄墨の毛筆や筆ペンで書く

香典袋を書く時は、薄墨の毛筆や筆ペンを使うのが一般的です。

薄墨を使う意味は2つあります。

  • 悲しみの涙がこぼれ落ちて、墨が薄まってしまった
  • 突然の訃報に慌てて準備をしたので、墨を濃くする時間がなかった

どちらも、お悔やみの気持ちを表して遺族の方へ配慮することが目的です。

ただし、中袋はサインペンやボールペンを使って書いても構いません

遺族の方に金額や住所・氏名を分かりやすくするためです。

この場合は薄墨ではなく濃い黒色のインクで、はっきりと書くようにしましょう。

金額には旧字体の漢数字を使う

中袋の表面に書く香典の金額は、旧字体の漢数字を使うのがマナー。

なぜ旧字体の漢数字を使うのかというと、数字(金額)の改ざんを防ぐためです。

お葬式や法事は多くの人が出入りするため、悪質な行為が働くことのないように配慮が必要なのです。

香典袋でよく使う、旧字体の漢数字の例はこちら。

  • 3千円…参仟圓
  • 5千円…伍仟圓

 

  • 1万円…壱萬圓
  • 3万円…参萬圓
  • 5万円…伍萬圓

 

  • 10万円…拾萬圓

旧字体では、「円」を「圓」と書くのが特徴。

香典袋に書く時はこの金額の前に「金」をつけて、「参仟圓」などと書きます。

また、「金参仟圓也」など最後に「也」をつけることもありますが、これは必須ではありません。

必ず縦書きではっきりと、漢字の間違いがないように慎重に書くことを心がけてくださいね。

香典袋の書き方【宗派別】

香典袋の書き方は、宗派によって全く異なります。

一番大切な表書きに使う言葉がまず違うので、くれぐれも間違わないように要注意。

それでは、香典袋の書き方を宗派別にご解説していきます。

仏教では「御霊前」や「御仏前」を使う

仏教では、表書きに「御霊前」や「御仏前」を使います。

これはどちらでもいいわけではなく、四十九日の前か後かで異なるので要注意です。

御霊前

四十九日までの間、故人は御霊(みたま)としてまだこの世に居ると考えられています。

そのため、四十九日前までは「御霊前」をいう書き方をするのがマナーです。

御仏前

四十九日を過ぎて忌明けになってからは、「御仏前」を使います。

魂が成仏して、仏になったと考えられるようになるからです。

「御霊前」と「御仏前」の使い分け方まとめ

  • 「御霊前」…四十九日前に使う。お葬式、お通夜、告別式、初七日など。
  • 「御仏前」…四十九日後に使う。四十九日、一周忌、三回忌など。

神道では「御榊料」や「御玉串料」使う

新道では、表書きに「御榊料」や「御玉串料」使います。

これは法事の種類や時期に関係なく、どちらを使っても構いません。

御榊料

御榊料(おさかきりょう)…榊とは、神棚や祭壇に供える植物のこと。この植物の代わりとして香典を納める、というのが由来。

御玉串料

御玉串料(おたまぐしりょう)…玉串とは、神棚や祭壇に供える植物である「榊」の枝に紙垂や木綿をつけたもののこと。この神具の代わりとして香典を納める、というのが由来。

ちなみに、神道では「御霊前」を使うこともできますが「御仏前」はタブー

神道の香典は仏様ではなく、ご神前に捧げるものだからです。

宗派が仏教か神道か分からない場合は、「御霊前」を使うようにしましょう。

キリスト教では「御花料」を使う

キリスト教では、表書きに「御花料」を使います。

カトリックでもプロテスタントでも、両方に使えるので安心してくださいね。

キリスト教

キリスト教の香典袋は、水引きではなく黒い十字架が印刷されている専用のものを使います。

どうしても用意が間に合わない場合は、通常の香典袋に「御霊前」と書いてもOK。

ただし、プロテスタントの場合は失礼にあたることもあるので気をつけましょう。

また、「御香典」や「御仏前」などの書き方は、カトリックでもプロテスタントでもNGです。

キリスト教のお葬式に参列することも考えて、事前に専用の封筒を用意しておくと安心ですよ。

香典袋の書き方【連名や会社で出す場合】

香典袋は、個人としてではなく連名や会社で出すこともあります。

それぞれ書き方や用意する別紙の有無など、気をつけるべき点はたくさん。

では、香典袋の書き方を会社や連名で出す場合など立場別にご解説します。

2人の連名で出す時は個人の書き方と同じ

2人の連名で出す時は、表書きに両者の名前を記入します。

中袋や封筒の裏に書く氏名や住所も、横並びに書けばOKです。

2人の連名

気をつけたいのは、目上の人と連名で出す場合。

目上の人の名前が真ん中に来るように記入し、目下の人は左側に書くのがマナーです。

上下関係がない間柄であれば、右から順に五十音で記入しましょう。

3名以上の連名で出す時は別紙を用意する

3名以上の連名で出す時は、代表者の名前を書くのが一般的。

ただし、会社の同僚や学校の仲間などとして出したい時は別です。

一同

このように、表書きには「○○一同」として書きましょう。

会社なら「営業部一同」、学校なら「野球部一同」などです。

(右側には、所属する会社名や学校名も記入しておきましょう。)

別紙

3名以上の連名で出す時は、それぞれの氏名や住所を書いた別紙を用意します。

誰がいくら包んだか分かるように、名前の下に金額も記入するのがマナー。

みんな同じ金額であっても、きちんと個別に記入します。

ちなみに、中袋の表面には全員の合計した金額を記入すればOKです。

裏面には何かあった時に対応できるように、代表者の氏名と住所を記入しておきましょう。

代表者氏名で出すこともできる

3名以上の連名で出す時には、代表者の氏名で出すこともできます。

会社や学校などの繋がりではなく、親しい友人たちと連名で出す場合におすすめな方法です。

※会社や学校として出す場合にも使える書き方です。

代表者

このように、代表者氏名を書いて左下に「外一同」と記入します。

右側には関係性が分かるように、グループ名も書いておきましょう。

また、3名以上の場合は必ずそれぞれの氏名や住所、金額を書いた別紙を用意します。

会社として出す時は代表取締役の名前を表書きに書く

会社の取引先や社員の家族などに対して会社として出す場合は、代表取締役の名前を書きます。

代表取締役

右側に会社名を、真ん中に代表取締役の氏名を書けばOK。

代表取締役本人が参列できなくても、この書き方で大丈夫です。

中袋の裏面に書く住所は、会社の所在地ではなく代表取締役の自宅住所を書くのが一般的です。

香典袋の書き方【代理や夫婦連名で書く場合】

香典は、代理で渡したり夫婦連名で出すこともあります。

その場合は書き方が少し特殊なので、うっかり間違わないように気をつけましょう。

最後に、香典袋の書き方を代理や夫婦連名で書く場合についてご紹介します。

代理で書く時は名前の横に「代」を添える

葬儀に参列できない時は、香典を代理者に渡してもらうことも可能です。

代理

代理で渡してもらう場合は、自分の名前を記入してその左下に小さく「代」と書きます。

代理者の名前や情報をどこかに記入する必要はないので、気をつけましょう。

夫婦連名で書く時は参列の有無で書き方が変わる

夫婦でお世話になった人や、仲の良かった人には、夫婦連名で出すこともあります。

夫婦連名の書き方は、夫婦で参列するのかどちらか1人だけが参列するのかで違うのが特徴です。

夫婦揃って

夫婦で揃って参列できる時は、このように両方の名前を書きます。

夫の名前をフルネームで真ん中に記入して、妻の名前は名字を省略して左側に書きます。

なお、中袋の裏面に氏名や住所を書く時は、旧姓も書いておくのがマナーです。

夫婦代理

夫婦揃って参列できない時は、夫の名前を書いて左下に小さく「内」と書きます。

ちなみに、「内」という表現を使うのは夫婦連名で出す時だけです。

会社や友人として代理で出す場合は「代」を使うので、間違わないように気をつけましょう。

香典袋の書き方【まとめ】

香典袋の書き方は宗派や立場によって異なるので、とても複雑です。

しかし、基本を押さえて見本を参考にしながら書けば失敗の心配はありません。

香典は故人へのお供え物なので、心を込めながら記入をしていきましょう。

関連記事

人生には、就学や就職や結婚、ときには大切な人との別れなど、
人生の転機になりうる大きなイベントがいくつも存在します。
我々はそういった節目に備えることを「人生を修める活動」縮めて「修活」としました。
修活のススメは、そんなあなたに最適な方法や人生のヒントを提供するメディアです!