2019-09-09

終活の片付けは本の整理から!【収納、処分、おすすめ本5選】

facebook
twitter
はて部
LINE
この記事を読むのに必要な時間: およそ4分
終活の片付けは本の整理から!【収納、処分、おすすめ本5選】

この記事の目次

終活の片付けで意外とつまずくのが、本の整理の方法。

特に、読書家の方は数十年分の愛読書が大量にあって、どうしたらいいのか困っているケースも少なくありません。

老後のことを考えても、本の整理は体力のあるうちにしておきたいですよね。 

そこで今回は、終活の片付けで本を整理する方法についてご紹介していきます。

片付けがスムーズになる収納方法や、処分の方法もまとめてみました。

大量の本の整理にお悩みの方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてくださいね。

終活の片付けで本の整理をするメリット

本は、自分が集めてきた大切な所有品です。

終活の一環としてこの整理をすることで、忘れていた大切なことに気づけることも。

まずは、終活の片付けで本の整理をするメリットをご紹介します。

取り組みやすい

本は、所有品の中でも処分するかどうかの判断がしやすいものです。

体力勝負の終活の片付けを最後まで続けられるかどうかは、最初に取り組む場所にかかっています。

そのため、片付けが進みやすい本の整理は最初の場所にぴったり

家にそんなに本がない方は、不要な雑誌や漫画を捨てることから始めてみましょう。

本はそこまで慎重に扱わなくても大丈夫なので、気軽に片付けができるのもメリットです。

部屋がすっきりする

大量の本が収納されている本棚は、結構な威圧感があります。

物理的にも重いので、家にも負担がかかりがち。

本を整理して収納し直したり処分したりすることで、部屋はとてもすっきりします。

部屋がすっきりすると、気分が良くなりいろいろなことに意欲的になりがち。

終活を円滑に進めるためにも、大きく場所を取っている本の整理は有効です。

自分の好きだったことを思い出せる

本や雑誌、漫画は自分の好きだったことを思い出させてくれます。

本棚の奥にあり忘れかけていた愛読書や、かつて勉強に使った参考書など思い出はたくさん。

この思い出たちは、終活をきっかけに片付けをしなければ、二度と振り返ることがなかったかもしれません。

終活では、これまでの人生を振り返って、残りの日々について思いを馳せることに重きをおいています。

本はその手がかりになるので、終活でエンディングノートを書くときにも役立ちます。

また、思わぬ本との再会で新たな夢や目標を抱くようになることも。

本の整理することは、ただ片付けをするためではなく、自分の人生と向き合うきっかけになるのです。

終活の片付けで本を整理する方法

終活の片付けで本を整理する方法には、コツがあります。

コツを知らないまま実行すると、なかなか整理が進みません。

ここでは、終活の片付けで本を整理する方法ご紹介します。

いらない本を探す

まずは、いらない本を探します。

使い古していて汚い本はそのまま捨ててもいいのですが、まだ新しくて綺麗な本は処分せずに売りに出すこともできます。

すぐに捨てるのはもったないような本は、一旦保管しておきましょう。

その本が自分に必要かどうか判断する基準はこちら。

  • また読みたいと思うか
  • もう購入できないかどうか
  • これからの人生に役立つかどうか

愛読書なら、必ずまた読みたいと思う日がくるはずです。

直感で、もう読まないだろうなと感じた本は思い切って手放すこと考えましょう。

手放すかどうか迷っている本は、また購入できるかどうかを調べてみるのがおすすめ。

もう二度と手に入らないものを捨てると後悔しますが、そうでなければ手放しても再び購入をするはずです。

断捨離の極意として、「迷っているものは捨てられるもの」という言葉があります。

今は場所をとらない電子書籍も主流になっているので、経済的に余裕がある場合はまとめてそちらに切り替えるという手段もおすすめです。

また、終活の片付けをする時にはそれがこれからの人生に役立つかどうか、老後の自分を豊かにしてくれるかどうかを基準にすることが大切。

直感でイエスと言えないのであれば、その本は未来のあなたには必要のないものであるといえます。

しかし、苦しい思いをしてまで、大切な本を手放す必要はありません。

少しでもすっきりと終活の片付けを進めたいという人は、少し大胆に判断をしてみてくださいね。 

ジャンル別に分ける

いらない本を取り除いたら、本棚に綺麗に並べられるようにジャンル別に分別をしましょう。

ジャンル別に整理することのメリットはこちら。

  • 見栄えが良くなる
  • 読書の意欲がわきやすい
  • 読みたい本がすぐに探せる

まずは、本棚の見栄えが良くなってすっきりします。

本棚がごちゃついていると、部屋全体が雑多な印象になってしまいがち。

反対に、整理整頓された本棚はそれだけですっきりとした部屋を演出してくれます。

さらに、ジャンル別に分けると読書の意欲が湧きやすくなります。

あまり本を読む習慣がなかった人も、手持ちの本を読み返すことでこれから読書に目覚める可能性も。

終活は、残りの人生を楽しむ方法について考えることです。

本の整理をきっかけに、読書の趣味が増えたらいいですよね。

また、読書家で大量の本を抱えている方は、読みたい本がすぐに探せるようになるというメリットもあります。

老後を快適に暮らすためにも、ジャンル別にすっきりと本を整理しておくことをおすすめします。

終活の片付けで本を収納する方法

本は、収納の仕方がとても重要です。

また整理に苦労することがないように、この機会に便利な収納法に切り替えましょう。

それでは、終活の片付けで本を収納する方法をご紹介します。

小さな本棚を用意する

本を整理すると、いらない本が見つかって本棚がすっきりしますよね。

本棚には空きスペースができるので、この機会に小さな本棚に模様替えをするのがおすすめ。

棚ごと変えることで、部屋の印象は大きく変わります。

本棚の買い換えが難しい場合は、空きスペースを別のモノの収納に活用することもできます。

また、本棚を使わずに小さなボックスで対応したり、100均で売っているスタンドを使ったりすることも可能です。

ポイントは、とにかくシンプルに本を収納すること。

工夫次第では、お金をあまり使わずに新たな収納することができるので、いろいろと試してみてくださいね。

お洒落なインテリアで見せる収納にする

終活の整理をして本の数が少なくなったら、お洒落なインテリアで見せる収納にするのもおすすめです。

家具屋さんに行くと、本屋さんのように表紙を表にして本を並べられるラックが売っています。

購入が難しい場合は、ホームセンターで木材を買ってきて簡単にDIYをすることも可能。

はしごような形で、1冊ずつ縦に本を置けるように作ればOKです。

また、見せる収納にすることで部屋を綺麗に保ち続けられるというメリットもあります。

常に本が目に入るので、不要になった時はすぐに処分の判断を下すこともできます。

さらに、レシピ本や実用書などよく使う本を探しやすいという特徴も。

見せる収納のメリットはたくさんあるので、本の数が減って収納場所を変更するときはぜひ挑戦してみてくださいね。

終活の片付けで本を処分する方法

本には需要があるので、捨てなくても手放す方法はたくさんあります。

本の状態やご自分の状況に合わせて、適切な処分の仕方を見つけましょう。

ここでは、終活の片付けで本を処分する方法をご紹介します。

売りに行く

まずは、処分せずに売る方法です。

本を売る方法は主に3つあります。

  • 古本屋に行く
  • フリマアプリに出品する
  • サイクルショップで買い取ってもらう

現在、古本屋は少なくなっていますが、買い取りをしてくれるお店もあります。

古本屋で売るメリットは、価値ある本を分かってくれること。

読書家で貴重な本を高値で売りたい方は、古本屋に相談しに行ってみましょう。

フリマアプリに出品する方法は、最も高く売れます。

状態が良ければ新品でなくても、買い手が現れるかもしれません。

出品や発送が面倒に感じなければ、おすすめです。

また、一番メジャーな方法としてリサイクルショップで買い取ってもらうというものがあります。

高価格は見込めませんが、すぐにお金をもらえて手放すこともできるというメリットがあります。

リサイクルショップでは本以外にもたくさんのものを買い取ってくれるので、終活の片付けが全て終わってからまとめて売りに行くのもおすすめです。

自分でゴミに出す

汚れていたり売りに出すのが面倒な場合は、自分でゴミに出す方法もあります。

特に、数冊から数十冊の少ない本を処分したい方にはぴったり。

ただし、本は燃えるゴミとしては出せません

大抵の場合は、所定のひもで縛って専用の袋に入れてゴミに出します。

本のゴミの出し方はお住まいの自治体によって異なるので、自分でゴミに出す場合は必ず事前に確認を行ってくださいね。

図書館や施設に送る

まだ読めそうな綺麗な本は、図書館や施設に送ることもできます。

ただし、一方的に送るのは絶対にNG

結局処分することになり、迷惑をかけてしまいます。

図書館や施設に送ることができるのは、基本的に向こうが募集をしている時だけです。

また、本の種類によっては受け取りを断られる可能性もあります。

勝手に判断して送ってしまうことがないように、対象の本については事前にしっかり確認をしておきましょう。

子供に人気の絵本や有名な小説などは、受け取ってもらえる可能性大。

人の役に立つことができるので、捨てるか迷った場合は一旦保管しておくと安心です。

整理整頓・片付け本のおすすめ5選

整理整頓・片付けをする時は、掃除のマインドセットを行うことが大切。

自己流で挑戦するよりも、片付けに関する本を参考にした方が効率が良くなります。

最後は、整理整頓・片付けをする時に参考になるおすすめの本5つのご紹介です。

1.片付け・断捨離の教科書!絶対に外せない1冊

『人生がときめく片づけの魔法 改訂版』

著者:近藤麻理恵

片付け・断捨離ブームの火付け役である、こんまりさんの代表本です。

日本のみならず世界中で翻訳され、累計1,100万部も売り上げている大ベストセラー本。

「ときめき」を大切にした片付け・断捨離の方法が満載で、読んでいるだけでワクワクしてきます。

こんまりさんはモノの片付けだけでなく、心の整理も大切にしたメソッドを提唱していることで有名。

終活に通ずるマインドセットやアイディアも、しっかりと学ぶことができます。

また、最近ではコンビニで購入できることも。

整理整頓・片付けの本に迷ったら、一番最初に購入してほしい1冊です。

2.話題の心理学を利用してズボラ癖も徹底解消!すぐに行動したくなる1冊

『人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』

著者:メンタリストDaiGo

メンタリストDaiGoによる、心理学を利用した片付け本です。

人の心理に基づいた無理のないやり方を提唱してるので、ズボラでなかなか行動ができない人におすすめ。

読んでいるだけで、今すぐ片付けがしたくなる素晴らしい本です。

また、この本はただの片付けハウツー本ではありません。

片付けをして綺麗な状態を持続する習慣を付けたり、お金や時間を増やして幸福になったりすることを目的としています。

ただ片付けをするのではなく、人生を向上させたいという方にぴったりな1冊です。

3.ミニマリストを目指すならこの1冊でOK

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』

著者:佐々木 典士

整理整頓・片付けをする前に、「そもそも自分にはこんなにたくさんのモノが必要なのか…?」という疑問にお答えしてくれる本です。

話題のミニマリスト入門本であり、この1冊を読むと新たなライフスタイルを手に入れるきっかけを得ることができます。

ミニマリストの方が書かれている本だけあって、内容も無駄がなくとってもシンプル。

目から鱗な断捨離の方法やミニマリストの暮らしについて、詳しく学べます。

ミニマリストという生き方に興味のある方、斬新な方法での断捨離に挑戦してみたい方におすすめな1冊です。

4.「片付けられない女」なあなたに贈る1冊のマンガ

『片づけられない女のための こんどこそ! 片づける技術』

著者:池田 暁子

Amazonの片付け本ランキングで上位をキープしている、話題の1冊です。

漫画形式なので、本を読むのが苦手な方も大丈夫!

片付けられないあるあるネタに共感をしながら、楽しく読み進めていくことができます。

内容の中には「汚部屋チェックシート」など、実践的なコンテンツもたくさん。

汚部屋に悩んでいる方、ズボラでも片付けが楽にできる方法を知りたい方におすすめの1冊です。

5.論理的に片付けを極めて最強の主婦になれる1冊

『勝間式 超ロジカル家事』

著者:勝間 和代

論理的で効率的な思考を持っている、勝間和代さんによる最強の主婦になるための1冊です。

整理整頓や片付けをして綺麗な状態を維持するなら、家事の効率化が欠かせません。

勝間さんは一般人には想像もつかなかったような斬新なアイディアで、片付けを迷わずテキパキと進めていきます。

そのあまりの潔さに、読んでいるだけですっきりすること間違いなし。

家事を効率化することで、経済的な余裕を持つこともできるようになります。

片付けの習慣をしっかりと付けたい方、整理整頓と家事を極めて最強の主婦(主夫)を目指したい方におすすめの1冊です。

終活の片付けは本の整理から始めよう【まとめ】

本棚の整理は、比較的始めやすいのが特徴。

捨てるかどうかの判断も難しくないので、気軽に始められます。

愛読してきた本との再会で、自分のこれまでの人生や今後の暮らし方について思いを馳せてみてくださいね。

関連記事

人生には、就学や就職や結婚、ときには大切な人との別れなど、
人生の転機になりうる大きなイベントがいくつも存在します。
我々はそういった節目に備えることを「人生を修める活動」縮めて「修活」としました。
修活のススメは、そんなあなたに最適な方法や人生のヒントを提供するメディアです!