2019-11-11

特別養護老人ホームとは何か?費用減免や入所条件について解説します

この記事を読むのに必要な時間: およそ4分
特別養護老人ホームとは何か?費用減免や入所条件について解説します

この記事の目次

皆さんは、老人ホームにはいくつかの種類があることをご存知でしょうか。

一般的に見ると、高齢者が入居している施設はみんな同じ老人ホームに見えてしまいますが実は、いくつかの種類に分かれています。

そして、現在入居待ちの人がたくさんいる「特別養護老人ホーム」という施設があります。

「特別養護老人ホーム」はなぜ、入居待ちの人がたくさんいるのでしょう、何か秘密があるのでしょうか。

今日は、私たちもいつかお世話になるかもしれない特別養護老人ホームの費用や入居条件について詳しく調べてみました。

ぜひ、ご覧くださいね。

老人ホームとは

家族であるお婆ちゃんやお爺ちゃん、あるいはお父さんやお母さんの加齢が進んで、自宅での介護が難しくなるときにお世話になる施設が一般的な老人ホームです。

最近では、老人ホームの生活で介護やお世話をしてもらうだけではなく、お婆ちゃんやお爺ちゃんの最後までを看取ってくれる終の住処(ついのすみか)ともなる老人ホームがあるようです。

老人ホームの種類

高齢者の介護やお世話をしてくれる施設にはおよそ9種類の老人ホームがあります。

それぞれ、費用や介護サービス、入居条件などが違うので、利用する際は家族でしっかりと検討して決める必要がありそうです。

・介護付有料老人ホーム: 介護専門スタッフによるサービスを受けることができる

・住宅型有料老人ホーム: 外部からの介護サービスを受けることができる

・特別養護老人ホーム:  要介護3以上で65歳以上の高齢者

・介護老人保健施設:   機能回復のための短期での入所施設

・介護療養型医療施設:  高度医療管理下にある介護付きの病院

・サービス付き高齢者住宅: 介護サービスを受けながら生活できる、環境整備が充実された集合住宅

・シニア向け分譲マンション: 一般のマンションと変わらず、資産として残すことも可能

・軽費老人ホーム: 家族との同居が難しい、1人暮らしが難しいという高齢者向け

・認知症ケア対応が可能の施設: 認知症の高齢者が5~9人グループで共同生活を送る施設

特別養護老人ホームはどんな老人ホーム?

上記では9つの老人ホームを紹介してきましたが、その1つに特別養護老人ホームという施設があります。

特別養護老人ホームの特徴

介護度の高い方や所得の低い方の支援や保護に重点を置く施設運営を目的とした社会福祉法人や自治体がありますが、その支援や保護を受けている施設が特別養護老人ホームとなります。

特別養護老人ホームは介護士など専門家の間では「特養」と呼ばれているのをご存知ですか?

特養は自宅での介護が難しくなった高齢者の方が、生活の中で介護サービスを受けることができる施設となります。

特養老人ホームに入居する場合には次の条件があります。

・要介護3以上で65歳以上の高齢者の方

・特定疾病が認められた40~64歳の要介護3以上の人

・要介護1~2で特例により入居が認められた方

この特養老人ホームは入居したいと言う人が多く、現在では入居待ちの人が全国に30万人とも50万人ともいると言われています。

特養老人ホームは介護保険が適用されるため自己負担が安くなることから非常に人気のある介護施設となっているようです。

また、終身での利用することが可能なため終の住処としても選ばれる理由の1つになっているのでしょうか。

特養の費用はどれぐらいかかるの?

特別養護老人ホームは介護サービスを受けることができる介護施設でありながら、ホームへ入る時にかかる費用や一時金などがかからないため入居希望者が後を絶たない老人ホームです。

特養老人ホームに入居するには、要介護の度合いで費用が異なる「施設介護サービス費」に「住居費」「日常生活費」「食費」などを合わせた金額になります。

「施設介護サービス費」とは

施設介護サービス費は入居されるご家族の要介護の度合いによって金額が変わってきます。

また、部屋にも色々なタイプがあり、タイプによっても金額が違ってきます。

特養老人ホームへの入居を希望する場合はご家族の要介護度の状態や、それによっての部屋のタイプを選ぶ必要があるため事前によく話し合って決められることをおすすめします。

費用金額は介護度が高くなることで上がってくるようです。

部屋のタイプは、1人で1人部屋を使うタイプと複数人で1つの部屋を使う多床室タイプがあります。

また、1人で1部屋を使うが、お仲間とレクリェーションや食事などをするダイニングは10人前後で共有して使うタイプのユニット型ハウスもあるので入居されるご家族の方の生活スタイルに合わせたタイプを選ぶようにしましょう。

特養老人ホームへの入居は基本的に要介護3からとなっていますが、特例として要介護1や2でも入居が認められるケースもあります。

要介護1や2でも認められるケースは認知症や精神障害などで日常生活に支障が出るといった場合があります。

「住居費」とは

一般的に家や部屋を借りると家賃を払いますが特養老人ホームでの家賃は住居費となります。この場合の住居費は国で「基準費用額」というものが定められています。

しかし、こちらでも部屋のタイプによって金額が異なるので気をつけましょう。

特養老人ホームでは、家具やベッドなども準備されているため入居者が用意するのは自分の身の回りの物だけで済むので手間がかかりません。

「日常生活費」とは

特養老人ホームでの日常生活費とは、クリーニングに出す必要のない私服の洗濯、オムツ代、尿取りパッド代を除く全ての日常生活に必要な費用金額です。

例えば、医療費やホームで行われるレクリェーションでかかった金額などが請求されます。

ホームで行われるレクリェーションは認知症の方に効果的だと思われる歌を歌ったり、簡単な体操をしたり、食事の配膳、食器洗いなどの家事などをして頭や体を使うように工夫されているようです。

それによって認知症トレーニングを意識することなく、楽しく参加できるので利用者には喜ばれています。

「食費」とは

こちらの食費も住居費同様、国からの「基準費用額」が定められています。

1日3食の食事は提供されますが、たまに自宅へ帰ったりしてホームで食事をしなくても支払う金額は変わりません。

年末年始など長期の外出の際は事前に手続きをしておくことで料金を支払わなくても済みます。

また、どうしても食べられないものやアレルギーがある食品に関しても事前に伝えておけば対処してくれるので入居する際には介護士や施設スタッフに伝えておきましょう。

老人ホーム

年金で特養老人ホームに入居できる?

特養老人ホームに入居したいのだけど、収入は年金だけだという人もいます。

特養老人ホームに入居するには概ね(おおむね)どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。

特養老人ホームに入居する費用は月でおよそ8~15万円弱だと思われます。

これは、同じ年金でも国民年金の人と厚生年金の人ではどうなのでしょうか?

国民年金は2ヶ月でおよそ56,000円、厚生年金は2ヶ月でおよそ147,000円になるようです。

これは一目瞭然で国民年金の人の入居は無理ということではありませんか?

何か、国民年金の人でも特養老人ホームに入居する方法はないのでしょうか?

特養老人ホームに入居する費用が減免される制度とは?

特養老人ホームに入居するのにかかる費用が国民年金で賄えない(まかなえない)、費用が足りない、困ってしまいますよね。

その様な方はご安心ください。

そんな人のために、国では利用者の支払い負担額を減らしてくれる「社会福祉法人などによる利用者負担の軽減制度」と、利用者の収入または資産によって負担額を減らすことができる「特定入居者介護サービス費」という減免制度を設けているのです!

また、自治体から「高額介護サービス費」という補助金が出るケースもあります。

「社会福祉法人などによる利用者負担の軽減制度」とはどんな制度?

上記にあるように、特養老人ホームに入居したいのだけど、国民年金だけでは費用を払えないという場合に低所得者である利用者の負担額が4/1や1/2に軽減される制度を「社会福祉法人などによる利用者負担の軽減制度」と言います。

ですが、この制度を受けるには次のような条件があります。

・介護保険料を滞納していない

・単身世帯で預貯金額が350万円以下である

・単身世帯で年間収入が150万円以下である

この条件をクリアしてないと制度は受けられないので注意しましょう。

申請方法

・介護保険被保険者証

・収入申告書

・世帯全員の収入・資産、扶養状況などが確認できる書類等

・社会福祉法人等利用者負担額軽減対象確認申請書

自治体にこの4種類の書類を提出申請という手続きになります。

「特定入居者介護サービス費」とはどんな制度?

特養老人ホームに入居したいのだけど、自分がもらっている年金じゃ入れない!

特養老人ホームに入居する人は、年金の受給額等によって「利用者負担段階」が決まるので年金が国民年金でも入居できないとは限りません。

例えば、利用者負担額が第1段階の場合は、老齢福祉年金受給者・生活保護受給者で世帯全体の市民税が非課税の人が対象です。

第2段階の場合は世帯全体が市民税非課税で課税年金収入額と所得金額が80万円以下の人が対象です。

第3段階の場合は、第2段階が当てはまらず市民税課税層による特例減額措置を受けた人になります。

第4段階の場合は、住民税課税世帯の人です。

申請方法

各市区長村に通帳の写しや介護保険負担限度額認定申請書を提出することで申請できます。

高額介護サービス費とはどんな制度?

介護保険サービスの対象に1ヶ月の限度額がありますが、利用者の自己負担額が1ヶ月に定められた限度額を超えてしまったときに、超えた分を支給してくれる制度になります。

申請方法

利用した月の3ヶ月後に自治体の判断で通知書が送付されます。

・介護保険被保険者証の写し

・高額介護サービス費支給申請書

・介護保険サービスの領収書

これらを記入して、市区町村に提出して手続きをします。

まとめ

ここまで、各老人ホームの種類、その中でも特に人気の高い特養老人ホームの費用や入居条件などを見てきました。

特養老人ホームは要介護3以上で入居できるようですが、入居待ちの人が30万人~50万人もいるということには驚いてしまいますね。

特養老人ホームに入居するには、いくら初期費用等がかからないと言っても高齢者が受給する国民年金だけでは難しいようです。

そこで、今日ご紹介した様々な減免制度を利用してみることをおすすめします。

詳しくは、お住まいの市区町村、施設を利用する方がお住まいの市区町村や自治体にお尋ねください。

高齢者が安心して暮らすことができる老人ホームがたくさんあると嬉しいですね!

 

 

 

関連記事