2019-11-11

御朱印巡りを初心者がする時の心構えとマナー【御朱印グッズランキング】

facebook
twitter
はて部
LINE
この記事を読むのに必要な時間: およそ4分
御朱印巡りを初心者がする時の心構えとマナー【御朱印グッズランキング】

この記事の目次

若い人たちの間でも注目を集めている「御朱印巡り」。

挑戦してみたいけど、何だか敷居が高そう…そうお考えの方も多いのではないでしょうか。

御朱印巡りは正しい心構えとマナーを守って行えば、とても楽しい趣味になります。

今回は、御朱印巡りを初心者がする時の心構えとマナーについてのご紹介です。

この記事を読めば、

  • 御朱印巡りに必要なもの
  • 御朱印巡りをする時の心構えとマナー
  • 御朱印巡りに関する疑問への答え

が分かります。

最後にはおすすめの御朱印帳グッズランキングも掲載しているので、ご参考にしてみてくださいね♪

御朱印巡りとは

御朱印巡りとは、お寺や神社を参拝して御朱印を集めていくこと。

いろいろなお寺や神社を巡れて御朱印をコレクションできることから、人気を集めています。

まずは、御朱印巡りの基本についてのお話しです。

御朱印を集めること

御朱印巡りは、スタンプラリーではありません。

そもそも御朱印は、「お寺や神社の参拝の証」です。

ただお寺や神社を訪れて手に入るものではなく、仏様や神様に敬意と感謝の気持ちを伝えることが本来の目的。

いろいろな御朱印をコレクションする楽しみは否定できませんが、集めることだけが目的になっては本末転倒です。

真の目的である「参拝すること」を第一に、無理のないスケジュールを組むようにしましょう。

全国のお寺や神社を参拝できる

御朱印巡りの楽しみは、全国のお寺や神社を参拝できること。

日本には、歴史の深い由緒あるお寺や神社がたくさんあります。

その歴史や美しい景観を堪能できるのは、とても喜ばしいことです。

御朱印集めはそのきっかけとして、支持を得ています。

巡るお寺や神社の決め方ですが、特に決まりはありません。

有名な場所や、自分の興味のあるところから訪れてOKです。

個人的におすすめなのは、自分の住む土地を守ってくれている「氏神さま」がいる神社からスタートすること。

関東在住の方は、日本の総氏神である伊勢神宮から参拝するのもおすすめです。

御朱印巡りをする前に

御朱印巡りをするには、いくつか必要なものがあります。

代用品ではマナー違反になってしまうことがあるので、気をつけましょう。

ここでは、御朱印巡りをする前にするべきことについてご紹介します。

必要なものを揃える

御朱印巡りをする時に必要なもの一覧はこちら。

  • 御朱印帳
  • 御朱印帳カバーと袋
  • お賽銭と御朱印料(合計で500~1000円程度)

御朱印帳とは、御朱印を書いて貰ったり貼ったりするための手帳です。

普通のノートや手帳とは、形式が違うのが特徴。

御朱印帳を持参せずにお願いするのはマナー違反で、断られてしまうこともあるので気をつけましょう。

御朱印帳は全国のお寺や神社、専門店、通販などで購入できます。

 

御朱印帳カバーと袋は、必須ではありませんがあると便利なもの。

御朱印帳とセットで販売されていることも多いので、初めに手に入れておくと安心です。

また、御朱印巡りをする時には少しお金がかかります。

内訳はお賽銭と御朱印料。

お賽銭は、気持ちを納めるものなので金額は自由です。

一方、御朱印料には相場があり300~500円が一般的。

お賽銭と御朱印料を合わせると、御朱印巡りに必要な金額は500~1000円程度になります。

お寺や神社に行く前にはお釣りが出ないように、なるべく小銭を用意しておけるとベストです。

お寺や神社の情報を調べる

御朱印巡りをする前に、訪れるお寺や神社の情報をよく調べておきましょう。

お寺や神社には、それぞれ歴史と由緒があります。

事前にリサーチしておくことで、その歴史や由緒を知ることができ敬意を持って参拝できるからです。

また、御朱印情報も事前に調べることが可能。

どんな御朱印がどこで手に入るのか、料金や条件などの情報も公式サイトには掲載されていることが多いです。

スムーズに御朱印を手に入れるためにも、御朱印巡りに下調べは必須です。

御朱印巡りをする時の心構えとマナー

御朱印巡りは、スタンプラリーではありません。

お寺や神社に敬意を示して参拝するのが目的なので、正しい心構えでマナーを守って行うことが大切です。

それでは、御朱印巡りをする時の心構えとマナーについてご紹介します。

お寺や神社の境内では静かに過ごす

お寺や神社は、仏様や神様が奉られている神聖な空間です。

観光地に指定されていることもありますが、騒がしく過ごすのはNG。

周りの参拝者にも迷惑がかかり、御朱印巡りをする人の印象が悪くなってしまいます。

実際に、御朱印巡りをする人のマナー違反が原因で、御朱印を扱うのをやめてしまったお寺や神社も

由緒ある御朱印がもう二度と手に入らなくなってしまうのは、とても悲しいことですよね。

そういった最悪の事態を避けるためにも、お寺や神社の境内では静かにマナーを守って行動しましょう。

参拝をする時は心を込めて形式に従う

参拝をする時の決まりは、お寺や神社によって異なります。

ほとんどのお寺や神社では、境内に参拝の仕方が掲示されているのでその形式に従うようにしましょう。

また、参拝をする時にお願い事をするという人は少なくないはず。

間違ってはいませんが、仏様や神様にはお願い事よりも日ごろの感謝を伝えるのがおすすめ。

そのうえで、自分の願いを申告したり目標を伝えたりしてみましょう。

参拝のマナーも大切ですが、一番重要なのは感謝の気持ちとお寺や神社への敬意。

形式よりも心構えを大切にして、お寺や神社へ参拝してみてくださいね。

御朱印巡りに関するよくある質問

御朱印巡りをするうえで、細かいマナーなど気になる点はまだまだありますよね。

ここからは、御朱印巡りに関するよくある質問にお答えしていきます。

Q最初に訪れるお寺や神社はどこがいい?

基本的には、どこからでもOKです。

関東地方にお住まいの方は日本の総氏神である伊勢神宮、地方にお住まいの方は氏神さまの神社からスタートするのがおすすめです。

Q御朱印巡りをする時の服装にマナーはある?

特にありません。

和装でも普段着でも、自由な装いで結構です。

大切なのは服装よりも、参拝する姿勢や振る舞い。

境内では静かに、マナーのある行動を取れるように心がけましょう。

Q御朱印帳を忘れてしまったらどうするべき?

据え置き型の御朱印の場合は、そのまま朱印紙を持って帰れることもあります。

ただし、一般的には御朱印帳を必ず持参するのがマナー。

お寺や神社によっては断られてしまうこともあるので要注意です。

おすすめの御朱印帳グッズランキング

御朱印巡りには、御朱印帳が欠かせません。

御朱印帳の種類や人気ランキングはたくさんありますが、意外と話題にならないのが関連グッズについて。

実は、御朱印帳には併せて使うと便利なグッズがたくさんあります。

最後は、おすすめの御朱印帳グッズランキングのご紹介です。

5位 御朱印帳の目印に!かわいい表題シール

表題シール

出典:楽天市場

表題とは、御朱印帳の表紙に書いてある「御朱印帳」の文字のこと。

最初から書かれているものもありますが、白紙の場合もあります。

そんな時に役立つのが、こちらの表題シール。

白紙の部分や無地の表紙の上に貼ることで、自分の御朱印帳を可愛くアレンジできます。

取り違い防止にもなるので、おすすめです。

値段…219円

4位 鞄の中で御朱印帳が開いてしまうのを防ぐバンド

バンド

出典:楽天市場

御朱印帳は、蛇腹(じゃばら)式のものが一般的。

そのまま鞄の中に入れてしまうと、中身が開いてバラバラになってしまうことがあります。

バラバラになるのを防ぐには、御朱印帳専用のバンドが有効。

こちらはおしゃれな水引型で、和柄の御朱印帳との相性抜群です。

値段…990円

3位 家で複数のご朱印帳を保管するのに役立つ収納箱

桐箱

出典:Amazon

御朱印巡りをしていると、御朱印帳が何冊も必要になってきます。

溜まった御朱印帳は自宅で保管をしますが、神聖なものなので扱いには気をつけたいところですよね。

そこでおすすめなのが、こちらの御朱印帳収納箱。

桐箱なので、腐食に強く防虫効果があるのが特徴です。

外見のデザインも崇高で、御朱印帳を保管するのにはぴったりなアイテムになっています。

値段…2,980円

2位   御朱印帳が2~3冊入る万能ポーチ

ポーチ

出典:Amazon

御朱印帳は、巾着やポーチに入れて持ち歩くのがおすすめ。

理由は、鞄の中で汚れたりページがめくれたりするのを防げるからです。

御朱印帳を入れる袋にはさまざまなタイプがありますが、こちらのポーチは2~3冊を収納できて使い勝手が良いのが特徴。

シンプルな和柄なので、性別や年齢を問わずお使いいただけます。

値段…2,138円

1位 B6サイズの透明御朱印帳カバー

カバー

出典:楽天市場

御朱印帳を使う時は、透明の御朱印帳カバーをしておくのがおすすめ。

こちらはB6サイズの透明御朱印帳カバーで、御朱印帳を汚れや水からしっかりと守ってくれます。

お値段もリーズナブルなので、ぜひ御朱印帳と一緒に購入してみてくださいね。

値段…396円

御朱印巡りを初心者がする時の心構えとマナー【まとめ】

御朱印巡りは、正しい心構えを持ってマナーを守り行うことが大切です。

ただのスタンプラリーにならないように、お寺や神社に敬意を持って参拝を重ねていきましょう。

御朱印巡りに必須な御朱印帳には、便利な関連グッズがたくさんあるのでこちらもチェックしてみてくださいね。

関連記事

人生には、就学や就職や結婚、ときには大切な人との別れなど、
人生の転機になりうる大きなイベントがいくつも存在します。
我々はそういった節目に備えることを「人生を修める活動」縮めて「修活」としました。
修活のススメは、そんなあなたに最適な方法や人生のヒントを提供するメディアです!