2019-12-12

介護派遣で働いている人の立場と現状とは?利点から悩みまで実態を解説!

facebook
twitter
はて部
LINE
この記事を読むのに必要な時間: およそ4分
介護派遣で働いている人の立場と現状とは?利点から悩みまで実態を解説!

この記事の目次

介護業界では相変わらず人手不足が続いているようです。

そんな中、即戦力となる介護派遣の存在があります。

介護職の仕事は女性が多く、若い女性のバイトや主婦のパートなどの活躍が目立つようですが介護派遣として働く人にはやはり女性が多いのでしょうか。

また、介護派遣の魅力は何なのでしょう。

この記事では、介護職を派遣で働く利点、また現状からの悩みやトラブルなどの実態を解説してみました。

ぜひ、ご覧くださいね。

派遣とは

そもそも派遣とはどういうものなのでしょう。

働き方の雇用形態には、正社員・契約社員・パート・アルバイトなどといったものがあります。

派遣社員とは、勤務する企業や会社の直接の雇用ではありません。派遣会社と雇用契約を結び派遣された先の企業や会社で業務を行います。

給与、勤務・労働条件などは派遣会社によって異なるため同じ契約社員同士でも派遣会社が違えば条件も違ってくるようです。

派遣社員の交通費は時給に組み込まれていることがあるためアルバイトやパートの人の時給より多くなるケースがあります。

派遣社員として介護職に就く場合は、派遣会社に登録する必要があります。

介護の派遣は?

介護の仕事を派遣として働くということは、介護事業所や介護施設と直接契約せずに派遣会社と契約を結んだ人が介護施設に一定の期間だけ働くということです。

介護の仕事を派遣で働くメリット

介護の仕事を派遣として働くのは何か理由があるのでしょうか。

職場を探す必要がない

介護の派遣社員は自分で介護施設などを探す手間が省けます。

介護の仕事をする他の雇用形態である正社員、パートやアルバイトは、就職・転職するといった時には自分で職場である介護施設を探して面接を受け条件の交渉などといったことを行わなければなりません。

期間や時間に縛りがない

介護の派遣社員は勤務時間や就労時間を事前に契約して働いています。

そのため、自分の時間を有効に使えることができるのです。

また、時給が高めな派遣社員は残業をさせると経費が高くなることから頼まれにくいといった状況もあるようです。

未経験・無資格でも働ける

介護施設では未経験・無資格である派遣社員でも受け入れてくれます。

介護施設で働きながら介護の仕事を身に着け、介護資格を目指すことができます。

その際には、派遣会社が資格取得をサポートしてくれるという特典もあるので派遣会社を選択する時には大事なチェックポイントとなります。

短期間でいろんな介護施設を体験できる

介護施設には老人ホームやディケア・ディサービスといった様々な施設があります。

施設によって仕事内容が異なるので、1つでも多くの現状を知っておく方が仕事への応対力につながるようです。

派遣の場合は短期間であちらこちらの職場を体験することが可能なのでキャリアアップに活かすことができます。

時給が良い

介護職の給料は低いことで介護職の離職が目立ちます。

ところが、派遣社員の介護士の給料は比較的高いようです。

一般的な介護職員の時給は平均で950円程ですが派遣社員の時給は1,000円~1,500円で募集されていることが多くあります。

また、派遣先である介護施設から人事評価を高く受けることがあればボーナスや昇給が出る派遣会社もあるので仕事の仕方によっては給料アップも可能です。

給料を受け取る方法にも、日払いや週払い、月払いなどができるので自分の希望方法で受け取ることができます。

介護職間での人間関係の悩みを派遣会社が解決

介護職の間では人間関係の悪さが目立つようですが、派遣社員はあまり巻き込まれる心配はなさそうです。

しかし、そうは言え万が一巻き込まれた場合は、派遣会社に相談すれば解決方法を考えてくれます。

派遣会社が施設に交渉して解決に結びつけることが多いようです。

派遣会社が心強い味方となってくれるのですね。

以上、介護職を派遣で働くことのメリットをいくつか見てきましたが、これを見た限りでは断然、介護派遣でお仕事をした方がお得で安心なようです。

介護の仕事を派遣で働くデメリット

介護の派遣では辛いこと、デメリットはないのでしょうか?

福利厚生が期待できない

一般的な派遣社員のデメリットでも挙げられることですが、なぜ、派遣社員ではなくて普通の社員になりたいかというと福利厚生が完備されているからです。

福利厚生と言えば社会保険や各種手当などですが、あるとないとでは全然違ってきますね。

派遣会社でも福利厚生が完備されている会社もあるので、自分が希望する福利厚生が含まれているか確認するようにしましょう。

また、派遣会社の時給が高めに設定されているのは交通費が支給されてないといった背景があるようです。

交通費の分が惜しいと思う人は交通費のかからない介護施設を選ぶようにするとお得です。

決まっている雇用期間

派遣社員のメリットでもある契約期間ですが、長期で働きたいと思っている人には短期契約は不安材料にもなってしまいます。

やっと慣れてきた介護施設での仕事をもっと続けたいと思ったら派遣先である施設の上司に相談してみましょう。

派遣の仕事には、正社員になることを前提とした派遣社員として最長6ヶ月まで働けるという「紹介予定派遣」という働き方もあります。

介護職として仕事をもっと続けたい、社員として働きたいとお考えなら「紹介予定派遣」という方法もあるということを覚えておきましょう。

派遣で介護士の仕事にはデメリットはそんなにないような気がしますが実態はどうなのでしょう。

次は派遣で介護士の仕事をしている人の悩みやトラブルを見ていきたいと思います。

介護派遣

介護派遣、仕事の悩みやトラブル

介護職の仕事には悩みやトラブルがたくさんあるように思えます。

しかも、派遣で介護の仕事をする人にはもっとたくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

突然の派遣切り

介護施設で主に夜勤をしたり遅番も数回という契約で働いていた。それを突然、契約を更新できないと知らされショック。その理由は本人の問題ではなく介護施設の問題だと聞かされたが、介護施設で派遣切りされたことが信じられない。それだけ役立たずなんだとショックを隠せない。

アドバイス

派遣の介護職の給料が高めなのは色々な要因がある。

介護などの福祉関係だと需要が供給を上回っていることが1番の理由。

派遣で働いてくれる人を派遣先である介護施設が直接雇用で誘うのは原則ルール違反となる。派遣会社を仲介せず誘うと今後派遣してもらえない、派遣会社を通すと高い紹介手数料を請求される。

つまり、施設で採用したいけどできないという事情があるようです。役立たずではないので安心しましょう。

給料の違い

介護派遣では時給1,200円で働いていて月に約20万円稼いでいた。派遣を辞めてパートや正社員で同じ施設の時給は900円ぐらい、月15万円だとしたら自分の給料もそうなるの?

アドバイス

給料形態にもよるが、そうなるでしょう。

給料をたくさん望むなら派遣として介護職を続けていた方が良いですね。

介護派遣は出しゃばるな

介護派遣で働いている。正社員の人に派遣のくせに出しゃばるなと怒られた。相手は介護福祉士。

アドバイス

派遣という立場上しょうがないこと。

嫌なら派遣を辞めること。

介護派遣は派遣先のやり方を優先するようにするのが基本です。

介護派遣は誰もが即戦力だと思われている

派遣社員として介護施設で働いて3日目だけど、もう辞めたい。特養に勤務しているが毎日ぼろくそに言われている。派遣社員だということで即戦力だと期待されているのか経験が有ると思われ何も説明されないまま利用者さんの陰洗介助をやらされた。すると「派遣社員で高い給料払ってるのにこれしかできないんじゃ、どうしょうもない」と言われた。他の仕事でも嫌味を言われ続けた。また、入って1か月目のシフトでいきなり夜勤も入っていて自分には自信がない。

アドバイス

介護の職場は同じような話がたくさんある。辞めるなら早い方が良い。自分にとって辛い仕事なら仕方のないこと。

介護派遣でも初めての職場なら普段できることでもできないこともある。

長くそこにいる人は初心を忘れているのでしょう。自分の体を大事にすることが1番です。

ここまで、派遣介護として働く方の悩みやトラブルを見てきましたが、どうでしょう。

派遣社員で介護職となると、メリットである短期間で色々な職場を体験できるということで経験が豊富だと思われてしまうようです。

さらに、社員やパート、アルバイトよりも時給が良いことから仕事が少しでもできないと嫌味を言われてしまう傾向にあるようですね。

でもこれは、派遣先にいる介護職にしてみたら介護派遣の人への妬み(ねたみ)を感じてしまうからではないでしょうか。

でも、安心してください。

派遣社員のメリットに、人間関係のトラブルがあったら会社に相談すれば会社が派遣先に交渉してくれるというものがあります。

そもそも、いじめを容認している介護施設の方がおかしいと思いませんか?

そのような介護施設では高齢者の介護がきちんとできるわけがありません。

続いては、介護派遣としての立場について見ていきましょう。

介護派遣はどんな立場?

介護派遣先の介護施設では派遣の立場はどうなのでしょう。

派遣という立場からいじめの対象

介護派遣のメリットである時給が他の介護職より良いことは周知が承知。

そのためいじめの対象となることもあるようです。

ですが、実態は介護職が不足して忙しいから派遣してもらっているのです。

そんな大事な立場の派遣さんをいじめることはあまり考えられないですが、そのようなことがあったら派遣会社に相談しましょう。

介護派遣はベテランという立場?

こちらもメリットである介護派遣は短期間で色々な職場を経験していると思われています。

当てにしていると思われても仕方のないことのようです。

言ってみれば、介護派遣は「即戦力として使える」と思われています。

そのための介護派遣でもあるので、仕事はきっちりこなせるように努力が必要ですね。

派遣介護は責任のある立場に就くことはない

派遣という立場から責任のある役職に就くことはありません。

短期間で終えてしまう職場ということで、その場その場の仕事をしてもらえれば良いという立場のようです。

介護派遣の立場を総合的に見ると、言われた仕事をこなし報告をするだけの気楽な立場と言えそうですね。

まとめ

ここまで介護派遣の仕事を見てきましたが、介護の派遣はなかなか魅力的な利点がありました。

自分の都合に合わせた仕事を選ぶことができるというのも派遣の魅力です。

トラブルに巻き込まれても派遣会社が交渉してくれるので自分が嫌な思いをすることもありません。

介護職として介護施設に派遣された人は即戦力として期待される現状がありましたが立場的にはそんなに厳しくないようですね。

介護職の経験はあるのだけど、条件的に難しいとお考えの方は介護派遣に登録することをおすすめします。

派遣会社があなたに相応しい(ふさわしい)派遣先を探してくれるでしょう。

 

 

関連記事

人生には、就学や就職や結婚、ときには大切な人との別れなど、
人生の転機になりうる大きなイベントがいくつも存在します。
我々はそういった節目に備えることを「人生を修める活動」縮めて「修活」としました。
修活のススメは、そんなあなたに最適な方法や人生のヒントを提供するメディアです!