2020-01-01

介護靴や介護服で高齢者の日常生活をサポートするには?便利な介護用品も

この記事を読むのに必要な時間: およそ4分
介護靴や介護服で高齢者の日常生活をサポートするには?便利な介護用品も

この記事の目次

高齢者は加齢に伴い、身体機能が低下するため日常生活を送る中で気をつけなくてはならないことがたくさんあります。

要介護となった高齢者の方はさらに気をつけなくてはいけません。

高齢者の方には日常生活で少しでも動きやすい靴や服を身に着けていただきたいものです。

介護が必要となった高齢者には介護靴と介護服という便利な介護用品があります。

この記事では、要介護の高齢者の方のための介護靴と介護服について詳しく解説しています。

ぜひ、ご覧くださいね。

介護用品とは

介護用品とは、介護が必要となった高齢者が日常生活を送るにあたって少しでも快適に過ごせるようにサポートする道具や用品、また、介護者にとっても介護しやすい道具や用品のことを言います。

介護が必要な人の靴

要介護となった高齢者はケガや病気などで歩くことが困難になっています。

そんな時には介護用品の介護靴という靴が高齢者の方の歩行をサポートしてくれるようです。

介護靴のデザインは、ケガや病気で歩くことが困難になってしまった方の負担が少しでも軽減できるものになっています。

介護靴を履くことによって、介護される高齢者も介護する介護者も快適で安全安心の日常生活が送れるでしょう。

では、どんなデザインになっているのか見ていきましょう。

介護靴は工夫されたデザイン

介護が必要となった高齢者が日常生活での歩行は転倒などの危険もあり、1人で歩くのは困難になるようです。

ですが、介護靴を履けば歩行の際の負担が軽減されます。

・履いたり脱いだりが簡単なデザイン

足を入れる開口部が広くなっているため足が入れやすく、脱ぎやすい。

足に合わせて固定できるマジックテープを使用。

・幅広なデザイン

外反母趾(がいはんぼし)の方、足が浮腫んで(むくんで)しまう方、装具を着用している方にも楽に履けるように、幅がかなり広めの靴も揃っています。

・つま先やかかとが上がったデザイン

高齢になると、若い頃に比べ足首の柔軟さがなくなります。

そうなると、歩いていてつま先が上がりにくくなりつまずいてしまうのです。

そのため、つま先が上がっているデザインの靴が多くなります。

また、かかとの上がっている靴も多くあります。

このようなデザインにすることで、つま先とかかとが上がっていて歩行中の蹴りだし(けりだし)や着地がしやすくなるのです。

・室内で履く介護靴は柔らかくデザインされている

室内用の介護靴は素材が柔らかい、軽いといったデザインに。

室内用介護靴を履くことで冷え予防、転倒予防にも役に立つようです。

・目的に合わせて種類が豊富

介護靴は、目的に合わせて選べるように種類が豊富に揃っています。

雨の日でも安心してお出かけできるレイン介護靴、暑い時期・寒い時期など季節に合わせた素材のもの、室内履きの介護靴もたくさんあります。

介護靴がたくさんあると外出するのも楽しみになり行動・活動範囲が広がりますね。

・介護靴は片方だけ、左右サイズが違うものもある

介護靴ということで、片方だけ必要、また、左右のサイズが違うということもあります。

そのような介護靴を購入できるショップもあるようなので、お買い求めの際はショップにお尋ねください。

介護靴といってもデザインはたくさんあるようなのでおしゃれが楽しめそうですね。

(介護靴は、ネット通販で買い求めることができます)

介護靴

by楽天

介護靴を履く目的

介護靴はリハビリシューズとも言われています。

それではリハビリが目的となる靴なのでしょうか?

高齢になり歩行に変化がみられる方

高齢になると健康な方でも身体機能の低下があり、若い頃のようにテキパキと歩くことが困難になります。

筋力も衰え、関節に弾力性もなくなることから膝の痛みを訴える方もたくさんいます。

また、足首が硬くなってつま先が上がらなくなりつまずいてしまうのです。

そうなると、痛みがあるほうの膝を庇うためぎこちない歩き方になり、今度は腰に痛みが来たりしてしまいます。

膝の負担を軽減、つま先を上げるための介護靴を履くことで転倒予防に。

若い頃の合わない靴でトラブル

若い頃は健康であるためデザインを重視してしまい足に負担をかけ外反母趾になっている人も少なくありません。

それが、捻挫や骨折などの原因になることも。

そのようなトラブルになると高齢では治りが遅くなってしまうのです。

それによって、運動に制限が出てしまい筋力や体力が落ちてしまう原因にもなってしまいます。ご自分の足に合った靴を履くことでトラブルが改善できるようです。

様々なニーズに対応

介護が必要な方の中には装具を着用した方、むくみが出やすい方、また、半身麻痺の方もいます。

そのような方、お一人お一人のニーズに合わせたデザインが施されているので半身麻痺の方でも履きやすいように柔らかく軽いデザイン、足が浮腫んでいる方、装具を着用している方でも幅広で楽に履けるデザインになっています。

自立した日常生活に向けて

要介護の高齢者ということで、ケガをしている方、病気の方など体調の優れない方が多くいます。

要介護の高齢者でも残存機能を活かし、自分で歩く状態を維持することが大切です。

そのためには、歩くことが必要になります。

介護靴を履けば、柔らかくて軽い、幅広で足の出し入れが簡単なデザインなので歩くことが苦になりません。

リハビリシューズとしても履ける介護靴

介護施設や病院などで歩行訓練などのリハビリをするときは柔らかくて軽い安全安心な靴が必要になりますが、それこそが、介護靴です。

介護靴でリハビリをすれば他の靴を履いてリハビリするより効果が出やすいのではないでしょうか。

介護服

介護が必要な人の服

介護服には、介護される高齢者が着る服と介護をする人が着る服があるようですが、ここでは要介護の高齢者が着る服を取り上げてみたいと思います。

要介護の高齢者は筋力の低下や病気の後遺症で麻痺(まひ)がある、または、関節が硬くなって動きに制約があるなどを考慮して選ばなくてはなりません。

要介護の人が着る服はどんな服?

・上衣が前開きで袖口と肩幅が広めの服

・ボタンの代わりにマジックテープになっている服

・伸縮性のある柔らかい素材の服

・ウエストと裾がゴムになっているズボン

・オムツ交換用にズボンの前面が開くズボン

・要介護者が着心地が良いと思う服

要介護の方の服を選ぶ際は、「着たり、脱いだりがしやすい服」を選ぶことが肝心です。

病院に入院経験がある人はご存知かもしれませんが、入院生活では診察などがあるため前開きになっているパジャマが便利です。

被る形のパジャマでは首や腕などを上にあげたり、大きく動かさなくてはなりません。そうすると、介護を受ける方にも介護者にも負担になってしまいます。

もう1つは、体にピッタリとした服は着にくく脱ぎにくいのでおすすめできません。

着ていて不快な思いをしないゆったりとした服を選ぶようにしましょう。

要介護者が着脱しやすい服

要介護となられている高齢者は麻痺や拘縮(こうしゅく)で腕や足の関節を自由に動かすことができない方もいます。

腕や足、肩などを自由に動かせないと伸び縮みしない服ではうまく着たり脱いだりすることができず、着脱の際に本人だけではなく介護者にも負担が大きくなります。

肩幅や袖口が大きめで余裕があれば、腕や肩を動かさなくても服を動かすことができるので比較的簡単に着脱できます。

ボタンは不自由な手では止めたり外したりしにくいため、マジックテープなら片手で留めることが可能です。

(介護服もネット通販で購入することができます。)

介護服

by楽天

ズボンは裾が絞ってあるもの

また、ズボンを履く時は、裾が絞ってあるタイプのものを選ぶようにします。

裾がゴムで絞ってあると、ズボンを履いた際に足首で止まるためスルリと簡単に引き上げることができるのです。

裾が足首で止まるため引きずったり裾を踏む心配もなく、転倒する心配もありません。

裾が床に付かないのでトイレに入った際も汚れなくて済みます。

衣服の素材は伸縮性があるもの

高齢になると健康な方でも伸縮性のある生地の服が喜ばれるようです。

どうしても、体を動かせる範囲が狭くなるため伸び縮みすると楽に着替えることができるようです。

肌ざわりを考えると綿100%が1番良いのですが、綿100%の生地は伸び縮みが良くありません。伸び縮みが悪いと、要介護の高齢者が着替えを嫌がることもあるため伸縮性があり着心地の良い服を選ぶようにしましょう。

着替える前にストレッチ

身体機能が低下してしまい関節が硬くなっている方は着替えにも苦労するようです。

着替える前に軽く動かしてみることで体がほぐれることも。

ストレッチのポイント

・深呼吸をしながら行う

・肩甲骨の周りを上下に動かす

・首回りを前後左右にゆっくりと動かす

・端座位で腕を少しずつ上がるところまで上げる

・肘や膝を伸ばしたり曲げたり動かす

着替えを介助する時のポイント

要介護の高齢者の方が着替える際は全部を介助するのではなく、ご自身の残存機能でできることはなるべくご自身でするように声がけしましょう。

介護服は拘束するもの?

介護服は介護される方が快適に動くことができる機能がついた衣服もあります。

以前は、介護服と言うとつなぎ型の衣服が使われていたようです。

要介護の高齢者の方には自分でズボンを脱いでしまったりオムツを外してしまう人、失禁をしてしまう人もいます。

そういった時に、自分でズボンを脱げないようにつなぎ服を着せていました。

また、認知症の方が点滴のチューブを外してしまうことを防ぐためにミトンを装着させることもあったようです。

ですが、介護施設ではこのような介護服は身体拘束にあたるため現在は生命の危険がある場合以外は禁止されています。

まとめ

ここまで、介護靴と介護服を紹介、解説してきました。

介護靴も介護服も介護を受ける高齢者が快適な日常生活を過ごすために欠かせないもののようですね。

お体が不自由なため、活動や行動が狭い範囲でしかできなかったことが介護靴や介護服で活動範囲も行動範囲も広くなります。

しかも、用途目的やデザインが豊富なのでおしゃれすることもできて嬉しいですよね。

これからは、介護靴や介護服で少しでも自立した日常生活を目指して楽しく過ごしていただきたいと思います。

関連記事