2020-01-01

離婚したい夫が発するサインや前兆とは?対処方法を徹底解説します!

facebook
twitter
はて部
LINE
この記事を読むのに必要な時間: およそ4分
離婚したい夫が発するサインや前兆とは?対処方法を徹底解説します!

この記事の目次

離婚というと辛い思いをするのは女性のイメージがありますが、実際は男性にも離婚問題で悩んだり辛い思いをしている人もいます。

それでもあまり、男性が離婚で苦しんでいるという話は聞きませんよね。

それぐらい男性は感情に表さないのでしょうか。

しかし、男性だって同じ感情の生き物です。

何か離婚に対してのサインを発しているかもしれません。

そこで、この記事では離婚したい男性が発するサインや前兆、また、その対処法について徹底解説してみました。

ぜひ、ご覧になり参考にしてくださいね!

離婚したい夫

離婚といえば、最近の芸能人では昨年12月31日にタレントの木下優樹菜さんとお笑いのフジモンこと藤本敏史さんが離婚なさいましたね。

このお二人はいつも木下さんが主導権を握っている印象がありましたが、今回の離婚に至るまでにはフジモンのほうから離婚届けを突き付けることが5回もあったというから驚いてしまいますよね。

また、木下さんに不倫疑惑もあるようですが...。

お相手として名前が挙がっているのは、サッカー日本代表選手の乾貴士選手。木下さんのインスタグラムには怪しい意味の文章が記されていたとか。

話を元に戻すと、木下さん元ご夫婦はフジモンさんが木下さんを気に入って猛アタックの末、

やっとの思いで結婚にこぎつけたようなのですがフジモンはどんな理由から奥さまの木下さんに離婚届けを突き付けたのでしょう。

その前に何かサインを発していたのでしょうか。

夫婦の離婚原因については下の記事に詳しく書いてあるので参考にしてくださいね!

【関連記事リンク】離婚の原因・理由ランキング10位までを解説|あなたは当てはまる?

離婚したい夫が発するサインや前兆

夫から「離婚したいんだけど」なんていきなり言われたらショックですよね。

きっと、その前に夫は何かしらのサインを発しているはず。

「全然気がつかなかった」なんてことにならないようにしなくてはなりません。

では、どんなサインを発してどんな前兆があるのでしょうか?気になりますね。

帰宅が遅くなる

最近では、「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」などと言われることもあるようです。

要するに、家に帰りたくない夫たち。

ただ、仕事帰りに一杯飲んで帰るからではなく、妻のいる家には帰りたくないと思っています。仕事が終わっても無理やり残業をしたり、ネットカフェや漫喫、カプセルホテルなどに泊まって、そのまま仕事に繰り出すという人もいるようです。

家にいない

帰宅する時間が遅くなる、休日も家にいる時間が少ない。

明らかに家にいることが苦痛になっています。

休日に用もないのに外出したり、仕事に行くのはあなたと顔を合わせたくないからでは?

浮気を隠さない

通常、浮気や不倫をしている男性は携帯を見られないように注意したり、態度を怪しまれないように気をつけますが、浮気がバレてしまっても構わない男性はわざと携帯を目の前で操作したり電話したりしてバレバレな行動をとることも。

妻の身内と会わない

妻の実家や親類と会うことを酷く拒否するようになります。

夫と言うのは、普段でも妻の身内とは関わりたがらないものですが、離婚を考えだしたらそれが極端な行動に出ることもあるようです。

性生活が減る(なくなる)

夫婦の夜の営みである性生活は民法でも重要なものとみなされます。

まだ、なくなる年齢でもないのに性生活がなくなるのは離婚を前提にに考える前兆でありサインとなるでしょう。

食事を一緒にとらない

食事を一緒にとると、同じテーブルで同じ時間を共有しなければなりません。

そうなれば、当然のように何か会話したり、目も合わせることに。

それさえも苦痛なのかもしれません。

また、子どもがいる場合は無理をして一緒の食卓を囲むこともあるかもしれません。

子どもがいても、嫌がるようなら決定的な前兆だとも言えそうです。

コミュニケーションが減る

とにかく、一緒にいたくないのですから口数も減り、一緒に何かをすることも減ります。

夫婦の問題だけではなく、子どものことにも無関心になってきたら要注意です。

コミュニケーションをとらないと言うことは、あなたと関わりたくないという前兆です。

暴力的になった

妻に直接、暴力を振るうのはもう決定的ですが、まだ、物に当たったり態度が横柄になってきます。

また、精神的暴力になる無視、酷い言葉、モラハラも離婚を考えているサインになるでしょう。

笑顔がなくなった

これは、当然と言えば当然ですが、今の生活に不満を感じているのですから笑わなくなります。いつも、不満を抱えているような顔が増えていることがサインではないでしょうか。

ため息が多くなった

笑顔がなくなり、食事も一緒にしなくなりため息ばかりついている夫は離婚を考えています。ため息は憂鬱(ゆううつ)な気持ちのサインです。

では、夫がこのように感じてしまう原因とは何なのでしょう。

離婚

夫が離婚したいサインを発信する原因

まず考えられるのは、妻である女性側に問題があるということです。

女性は一般的に、結婚する前とした後では大きく変わってしまうという話をよく聞きますが本当なのでしょうか。

変わってしまうとしたらどのように変わるのでしょうか?

妻が強くなる

女性は結婚して子ども生むと「母は強し」で子どものために強くなる人がたくさんいます。

それは、どんなことが起きても子どもを守らなければならないという母性本能が働くからです。「結婚前はあんなに可愛かったのに、子どもが生まれたら変わってしまった、まるで詐欺だ!」と感じている夫は少なくはないようです。

小言が多い

結婚すると言うことは「おままごと」ではありません。

毎日やらなくてはならない現実がたくさんあります。

特に、共働きをしている夫婦の妻は仕事もやり、家事のほとんどを担っている人が多いでしょう。それなのに、夫は疲れたと言っては家事の分担をしてくれない、そんな夫についついガミガミ言ってしまいがちになるようです。

そして、基本的に夫の方がだらしないことが多く、妻は夫のそんな行動にイライラしてヒステリーを起こしてしまうことも。

結婚して体形が変わった

女性には出産という大きな役割があります。

そして、その出産を終えるとほとんどの人が元の体形に戻らなくなってしまうようです。

それをまた、「詐欺だ」と訴える夫も少なくありません。

体形と共に、容姿を気にしなくなる妻もいます。

子育てに忙しくて、そんなことを気にする時間がないということもありますが、ただ不精になったということも。

家事が下手

結婚して新婚の頃は何をやっても可愛く見えた妻が、いつまでも家事下手では夫も家で食事をするのが嫌になるでしょう。

食事作りだけではなく、掃除もろくに出来ない、洗濯も苦手では夫は困り果ててしまうでしょう。いつまでもズボラな性格に我慢ができないようです。

性生活がマンネリ

新婚の頃はともかく、もうお約束のように性生活をしているだけでは夫も飽き飽きするようです。

しかも、体はトドのように大きくなってしまった妻とのセックスに興ざめ(ぎょうざめ)してしまいます。何の努力もないセックスならしない方がましだと感じても不思議ではありませんね。また、要求にこたえてくれないことが続くと欲求不満になることは言うまでもありませんね。

お金遣いが荒い

バーゲンと聞けば洋服をたくさん買ってきたり、使い道もないのに安いからと100均でこれでもかと言うほど買い物してきたりする妻もいます。

ランチはママ友としょっちゅうファミリーレストランに行き、夕方まで帰りません。

中にはパチンコにはまる妻もいます。

子育ての意見が違う

子どもはのびのび育てたいと思っている夫と、いやいや教育は小さい頃から大事だと私立に行かせようとする妻で意見が食い違うこともあります。

時間があるのに働かない

子育てが一段落して時間がたっぷりあるのに家でダラダラしているだけ。全然、働く気配のない妻。お金に余裕があるのならともかく、「俺は一生働きバチなんだ」と感じたら離婚も考えるのではないでしょうか。

ここまで、夫が離婚のサインを発する原因や前兆を見てきましたが、何となく男性って甘ったれな人が多いのだなという印象がしますね。

とにかく自分を中心に考えてくれないとダメな人がたくさんいるようです。

それでは、この離婚したいサインを感じた妻はどうしたら良いのでしょう。

離婚の前兆がみられたら

夫があなたとの離婚を考えているサインや前兆がみられ、「ちょっとヤバい?」と感じたらまずは夫の言い分を聞きましょう。

あなたは夫と離婚したくないのなら何か善処する必要があります。

サイン発信された妻の対処法

夫は家庭や妻に癒しを求めています。

それなのに、仕事から帰ってきてもガミガミグチグチ口うるさいと癒されるどころか余計に疲れてしまうのでしょう。

もし、あなたが夫と離婚する意思がないのなら次のことに気をつけてみてくださいね。

自分を見直す

まず、夫が離婚したいようなサインを発していたら上記のような自分がいないかを見直してみましょう。もちろん、夫の要求を全部聞くわけにはいきません。

夫はまだ離婚を決定的に考えているわけではないので、妻が変われば夫も離婚したいという考えが変わるでしょう。

感情的にならない

何か要求がある時は感情的にならずに冷静に話し合いましょう。

イライラしたら深呼吸をして6秒数えます。そうすることで、怒りが収まり冷静に話すことができます。

あまり感情的になると夫も感情的になり、いきなり離婚話をしてくる可能性もあります。

最低限の身だしなみは整える

子育て中の妻は本当に忙しくて大変です。

いちいち、自分のことにかまっている暇なんてありません。

それでも、夫が帰る頃にはリップを付けてみるとか、せめて髪がボサボサなんてことがないようにしましょう。

そして、子どもと「おかえりなさい!今日もお疲れさまでした。」と労い(ねぎらい)の声をかけてあげれば夫の疲れも吹き飛ぶはずです。

家事の分担

家事の分担は具体的に書き出して表にすると夫も分かりやすくなります。

一般的に男性という生き物は、本当に家事の何をどうやってやったら良いのか分からないようです。

女性が「こんなこと当たり前でしょう!」と思うことが本当に分からなかったりします。

それに、その家事にどれぐらい時間をかけるべきか、頻度はどれぐらいなのかが全く想像もつかない人もいます。そんな時は、紙に家事の名目とやり方、かける時間、頻度などを書いて冷蔵庫に貼っておけば具体的なので夫もやりやすくなるのではないでしょうか。

やってみて初めて家事の大変さが分かるのでは?

離婚を回避する方法については下の記事に詳しく書いてあるので参考にしてくださいね!

【関連記事リンク】離婚を回避するには相手の本音を知ることが大切?【話し合いのコツや悪い例】

また、どうしても離婚が回避できなくて夫と離婚しなくてはならなくなってしまった時は悩むこともたくさんあります。

そんな時は下の記事を参考にしてくださいね。

【関連記事リンク】夫と離婚するには何から準備すればいいの?|子どもとの関係・別居も解説

まとめ

夫が発する離婚したいサイン。

改めて意識してみることで気がつくこともあるのではないでしょか。

木下優樹菜さんとフジモン元夫婦も、真実の程は分かりませんが日々の何気ない不満の積み重ねが大きな離婚原因だとコメントしているようです。

逆に言えば、日々の何気ない行動や態度を意識し、改善することで夫婦として末永く幸せに暮らすことができるのではないでしょうか。

関連記事

人生には、就学や就職や結婚、ときには大切な人との別れなど、
人生の転機になりうる大きなイベントがいくつも存在します。
我々はそういった節目に備えることを「人生を修める活動」縮めて「修活」としました。
修活のススメは、そんなあなたに最適な方法や人生のヒントを提供するメディアです!